富士通、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)とレノボグループは、10月27日、グローバル市場に向けたPCの研究、開発、設計、製造に関する戦略的な提携について検討を進めていると発表した。

富士通は2016年2月1日にPC事業を分社してFCCLを設立。一方、世界最大のPCメーカーであるレノボは、グローバル市場におけるさらなる成長を目指している。今回の提携は、富士通のグローバル販売力、ユーザーサポート力、開発・製造能力と、レノボの卓越したオペレーションを融合し、グローバル市場で戦うための成功モデルを目指すもの。両社は、引き続き、相互にとってメリットのある提携について協議を進めていく。また、日本政策投資銀行と、同行による財務面・戦略面での支援について協議を進める。

富士通はこれまでと変わりなく、富士通ブランドのPC製品とそのアフターサービスを提供する。10月27日に開催した2016年度第2四半期決算説明会で、田中達也代表取締役社長は、パートナーにレノボを選んだ理由として「グローバルに強いメーカーだから。富士通のPC事業を強くする観点であらゆる選択肢を検討しており、レノボとの提携については最優先で検討している」と説明した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます