(左から)あかいわモモちゃん、高梨臨、斎藤工

 第29回東京国際映画祭 特別招待作品『種まく旅人~夢のつぎ木~』の公式上映舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の高梨臨、斎藤工と赤磐市マスコットキャラクターあかいわモモちゃんが出席した。

 本作は、日本の地方で第一次産業に携わる人々の暮らしをその土地の風土とともに描く「種まく旅人」シリーズの第3弾。

 桃をはじめとする果樹栽培が盛んな岡山県赤磐市を舞台に、“食を育てる仕事”の尊さを描くというこれまでのテーマに加え、誰もが共感できる普遍的な青春ドラマとなっている。

 佐々部清監督からのビデオメッセージは、最後に「この映画がヒットしたら臨ちゃん、キスでもしてみますか」と高梨へのメッセージで締めくくられており、斎藤は「します」と即答。高梨は「(真後ろにスクリーンがあって)この距離だと表情が見えなくて本気なのか冗談で言っているのか分からないけど、大ヒットしてほしいですね」と大笑いした。

 「オールあかいわ宣伝ガール」のたすきを掛けたあかいわモモちゃんも笑顔を振りまき、懸命に映画をアピール。劇中では高梨自身が着ぐるみを着て撮影に臨んだ場面もあり、「すごく頭が重くて大変でした」と振り返ると、斎藤が「こういう夢のない話をしてもいいのか…。しょうがないよね、(劇中で)描いているもんね」とフォローした。

 また、あかいわモモちゃんに東京に来た感想についての質問が飛ぶと、すかさず斎藤が「都会の水は合わない」と“通訳”した。

 映画は11月5日から有楽町スバル座ほか全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます