アップル、「MacBook Air」を刷新、13インチモデルを値下げ、10万2800円から

2012.6.12 18:38配信
MacBook Air(左から11インチモデル、13インチモデル)

Apple(アップル)は、6月12日、最新CPUやより高速のグラフィックス、前モデルよりも最大2倍高速なフラッシュストレージ、USB3.0ポートを搭載した新しい「MacBook Air」を発売した。

フラッシュストレージを採用し、瞬時の起動や高速アクセスを実現した光学ドライブレスの薄型モバイルノートブックPC。最も安い11インチの64GBモデルを除き、前モデルより値下げし、よりリーズナブルな価格設定にした。なお、同時に発表した高精細な「Retinaディスプレイ」を搭載した15インチの「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」も光学ドライブは備えていない。

新しいMacBook Airは、最新のインテル Core i5デュアルコアプロセッサー、従来より最大60%速い新しい統合型グラフィックスのインテル HD Graphics 4000、4GBのメモリ、64/128/256GBのフラッシュストレージを搭載。画面サイズは、11.6インチと13.3インチの2サイズで、バッテリ駆動時間は、13インチモデルが最大7時間、11インチモデルが最大5時間。

このほか、iPhoneなどとビデオ通話できる720p対応のFaceTime HDカメラ、SDカードスロット(13インチモデルのみ)などを搭載し、インターフェースとして、Thunderboltポートに加え、新たに2基のUSB3.0ポートを備える。サイズと重さは、11インチモデルが高さ0.3~1.7×幅30×奥行き19.2cmで約1.1kg、13インチモデルは高さ0.3~1.7×幅32.5×奥行き22.7cmで約1.4kg。

価格は、1.7GHzのデュアルコアIntel Core i5プロセッサーを搭載した11インチの64GBモデルが8万4800円、128GBモデルが9万4800円、1.8GHzのデュアルコアIntel Core i5プロセッサーを搭載した13インチの128GBモデルが10万2800円、256GBモデルが12万8800円。それぞれ、ストレージ容量以外の仕様は共通。CTOオプションで、2.0GHzのインテル Core i7プロセッサー、最大8GBのメモリ、最大512GBのフラッシュストレージを選択できる。

OSはOS X Lionをプリインストールする。さらに、「OS X Mountain Lion Up-to-Dateアップグレード」プログラムとして、「MacBook Air」を含め、6月11日以降に対象となるMacのいずれかを購入したユーザーには、7月発売予定の次期OS「OS X Mountain Lion」を、Mac用アプリストアのMac App Storeを通じて無償で提供する。「OS X Mountain Lion」の価格は1700円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング