Spotifyと連携したボーズの「SoundTouch」

ボーズは11月1日、ネットワーク対応ワイヤレススピーカー3機種が音楽ストリーミングサービス「Spotify」と連携した機能を追加したと発表した。対象機種は「SoundTouch 30 Series III wireless music system」、「SoundTouch 20 Series III wireless music system」、「SoundTouch 10 wireless speaker system」の3機種。

ボーズの橋本理智マーケティング本部本部長は「世界のメディア別音楽売り上げでは、2015年にストリーミングサービスが43%となりCDなどの物理ミュージックの売り上げを上回っている。Spotifyと連携して国内での視聴スタイルを変えていきたい」と語った。

「Spotify」は2006年にスウェーデンで創業。08年からストリーミングサービスを開始し、現在、世界で月間1億人のアクティブユーザーが利用する。国内では9月29日からサービスを開始したばかりだ。

サービスは無料の「Spotify free」と、月額980円の「Spotify Premium」の二つがある。「Spotify free」は楽曲ごとに広告が入り、スマホではシャッフルプレイ、PCやタブレット端末ではオンデマンドで月15時間視聴などの制限がある。広告収入をアーティストとSpotifyで配分し、音楽産業を育成するビジネスモデルだ。

「Spotify Premium」は、オンデマンドの聴き放題で広告はなし。ダウンロードしてオフラインでの視聴も可能で、320kbpsの高音質オーディオが楽しめる。なかでも、リスナーの気分やシーン、嗜好に応じて、気に入りそうな数曲の入ったプレイリストが毎週更新される機能が特徴だ。

ボーズの「SoundTouch」との連携機能では、Spotifyの専用アプリのプレイリストを、本体の六つのプリセットに設定しておけば、プリセットボタンを押すだけでSpotifyのプレイリストが聴ける。しかも、SoundTouchはWi-Fiネットワークでクラウド上でSpotifyと直接つながっているので、週次のプレイリストの更新も行われる。

ほかにも、複数のSoundTouchを各部屋に設置して、同じ音楽を同時に再生したり、別々に再生したりのコントロールも可能だ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます