新保証制度となるLED電球

パナソニックは、LED電球を安心して購入、使用できるようにする新たな施策として、対象製品の購入日から5年間、不点灯などの故障があった場合に、無料で代替品と交換する保証制度を12月1日から導入する。

対象は、E26/E17/E12/E11口金を採用したLED電球で、日本国内で販売されたものならば、すでに購入・使用している製品も対象となる。保証期間は購入から5年間で、購入日を示す保証書やレシートがない場合は、製造ロット番号から判別できる製造年月日から5年間とする。

ただし、24時間連続使用など、1日20時間以上の長時間使用の場合、保証期間は半分とし、故意の故障など、使用状況によっては対象外となる場合もある。

保証期間内に故障した製品の交換は、12月1日に新設するLED電球専用窓口(フリーダイヤル、ウェブ)と購入した販売店で受け付ける。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます