『王様のためのホログラム』 (C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

『クラウド アトラス』『パフューム ある人殺しの物語』のトム・ティクヴァ監督の新作タイトルが『王様のためのホログラム』に決定し、ポスタービジュアルと予告編映像が解禁になった。映画化を熱望したトム・ハンクス自らが主演を務める本作は、人生のどん底から一発逆転をするため、砂漠の王様に“3Dホログラム”を売りに行くアランの物語だ。

公開された予告映像

ハンクスが映画化を望んだのは、家も家族もなくし、エリート人生から転落した中年の危機をシニカルな視点で描いた作家デイヴ・エガーズの同名小説『王様のためのホログラム』(吉田恭子訳、早川書房刊、12月発売)。

予告編映像では、人生を立て直すため、サウジアラビアという異国の地にやってきた主人公アランが、慣れない食事や異なる宗教、次から次へと襲いかかる異文化の嵐に戸惑いながらも、いつ会えるかわからない王様に、最先端の映像装置3Dホログラムをプレゼンするため、あくせくする様が描かれている。ポスタービジュアルに書かれた「遠い遠い異国の地で気づいた。人生は、なんとかなる!」というメッセージ。地球の裏側で彼に気づかせてくれたのは誰なのか? 人生の岐路に立たされたアランが踏み出す新たな一歩は、人生に迷う人々を勇気づける人生賛歌になっているようだ。

『王様のためのホログラム』
2017年2月10日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます