記者発表の模様 記者発表の模様

昨年の日本初公演では東京・大阪4公演で76,000人の観客を熱狂させた「ナイトロ・サーカス」が、2017年2月19日(日)・20日(月)東京・東京ドーム、25日(土)・26日(日)大阪・京セラドーム大阪で再び日本公演を開催。同公演の開催決定を記念し、3日にフジテレビ池広場前で記者発表が行われた。

【チケット情報はこちら】

この日は、2015年公演に続き同公演への出演が決まっているFMXライダーの鈴木大助、渡辺元樹ら5名のライダーによるスリル満点の超ド派手なパフォーマンスでスタート。こちらも前回に引き続きMCを務めるワダポリス、MCアリーの“絶叫中継”にあわせて、100kgを超えるバイクが炎の演出とともに次々と宙を舞う姿に、会場に集まった観客から歓声と拍手が沸きあがった。

そして、FMXパフォーマンスの興奮冷めやらぬ中、本公演のスペシャルサポーターに選ばれた「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」が登場。EXILE TRIBEから誕生し、来年1月25日(水)にデビューを控える新たな精鋭16名が、力強いパフォーマンスを披露した。

会見では、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」が東京・大阪全公演でスペシャルパフォーマンスを行うこともあわせて発表された。グループリーダーの陣が、「これだけド派手なステージを盛り上げるには、自分達も気合をいれて全力で臨ませていただきます!」と意気込みを語った。

さらに会見に特別ゲストとして、「EXILE/EXILE THE SECOND」の黒木啓司、NESMITHがサプライズ登場。大役を担う後輩グループに、「素晴らしいイベントでサポーターに就任したので、全力で盛り上げて欲しい」とエールを送った。

「ナイトロ・サーカス」は、モトクロスバイク(FMX)、自転車(BMX)、スケートボードなどを使った、スリル溢れるハイスピードパフォーマンスショー。命がけのトリックの数々や圧巻の連続ジャンプ、驚異的なバックフリップなどが次々と飛び出すアクション&スポーツ エンターテインメントは測定不能の興奮を呼び起こす。

チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます