ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ

いよいよ明日、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチが初陣に臨む。アルゼンチン代表戦を前に、ラグビー日本代表が前日練習で最後の調整を行った。練習後の会見に出た指揮官とふたりの主将は、次のように意気込みを語った。

日本代表×アルゼンチン代表 チケット情報

「明日が非常に楽しみ。この1週間いい練習ができた。明日は選手が準備したことを100%出してくれると信じている」(ジョセフHC)
「新しいことをどれだけ試せて、どれだけ成功するか、楽しみ。もちろん勝つ気でいる。僕らのやろうとしたこと以外が起きた時にしっかり反応したい」(堀江翔太主将)
「ワクワク感が強くなっている。相手もいいメンバーが揃っている。チームとして、システムを信じてやり切る。新しいジャパンを見せたい」(立川理道主将)

相手は昨年の『W杯』でベスト4に入ったアルゼンチンである。日本代表はどのように戦うのか、HCと主将は同じ方向を向いていた。

「第一にセットプレーを安定させること。ミスをしない。ミスをしなければスクラムはない。さらにゲームの展開を素早くさせるのがキーになる」(ジョセフ)
「相手はスクラムで崩そうとするだろうし、ラインアウトモールも仕掛けてくる。どれだけ止められるか。もし弱いところを見せれば、相手はどんどん突いてくる。最初の10・20分、強気でいきたい」(堀江)
「相手は最初の20分はFWでガンガン来る。我慢して、キックもうまく使い相手を走らせながら、ゲームをコントロールし、最後の20分で仕留めたい」(立川)

そして3者はアルゼンチン戦、そしてその後の欧州遠征で「ワンチームになる」と誓った。

試合登録メンバーは以下の通り。
1仲谷誠史(ヤマハ発動機)、2堀江翔太(パナソニック)、3畠山健介(サントリー)、4梶川喬介(東芝)、5アニセ サムエラ(キヤノン)、6ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)、7三村勇飛丸(ヤマハ発動機)、8アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)、9田中史朗(パナソニック)、10田村優(NEC)、11山田章仁(パナソニック)、12立川理道(クボタ)、13アマナキ・ロトアヘア(リコー)、14レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)、15松島幸太朗(サントリー)、16木津武士(神戸製鋼)、17山本幸輝(ヤマハ発動機)、18伊藤平一郎(ヤマハ発動機)、19谷田部洸太郎(パナソニック)、20マルジーン・イラウア(東芝)、21松橋周平(リコー)、22小川高廣(東芝)、23ティモシー・ラファエラ(コカ・コーラ)

『リポビタンDチャレンジカップ2016』日本代表×アルゼンチン代表は11月5日(土)・秩父宮ラグビー場にてキックオフ。来場者全員に大会オリジナルの「RED OUT Projectポンチョ」をプレゼント。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます