小笠原健 小笠原健

古典落語を若手実力派の役者が二人一組で見せる“掛け合い落語”で人気のシリーズ『ハンサム落語 第八幕』の大阪公演が11月11日(金)から13日(日)まで、テイジンホールにて上演される。

ハンサム落語 第八幕 チケット情報

2013年の初演より、古典落語の世界に触れ、日本文化の良さを再認識できると評判の本作は、今回が八幕目。毎公演組み合わせを変えながら上演するのが特徴で、お馴染みのメンバーから新メンバーまで、組み合わせによって変わる掛け合い落語ならではの熱いステージが繰り広げられる。

大阪公演の出演キャストは、小笠原健、碕 理人、西山丈也、林 明寛、平野 良、宮下雄也、吉田友一、米原幸佑の8名。初出演となる小笠原は「先輩たちと楽しみながらもしっかり結果を残し、次回以降も呼んでいただけるように頑張りたい」と語り、最年少の碕は「前回初めて参加させていただいて、今回は平野君以外初めての組み合わせばかり。最年少ながら頑張りたいと思います」とコメント。同じく前回から参加の西山は「一部の共演者から“お前はハンサムなのか?”という声がありましたが、出演させていただけることになりました(笑)。皆さん応援よろしくお願いします!」と語り、林は「今回は大先輩との組み合わせがあり、小笠原健という刺客も来ました。頑張ります!」と意気込む。

さらに、ベテラン勢の平野が「今回もいろんなケミストリーが起こることを期待しています。第八幕まで続けてこられたのは、その場でしか作れない空間というものを大切にしてきた結果だと思う。これからもどんどん続けていきたい演目なので、楽しい空間を作っていい舞台にしたい」と語り、宮下も「今回は久々に吉田友一さんが戻ってきたことに僕はジャンプして喜びました。実際の落語でも、噺家さんによって話され方が異なるように、『ハンサム落語』も組み合わせによって全然違う色になる。これからも続けられるよう誠心誠意頑張りたいと思います」とアピール。第五幕以来の参加となる吉田は「組手によっていろんなことが巻き起こる、予想しがたい落語会。落語の掟で振舞って、芝居の自由さで遊ぶことができるステージなので、大阪まで精一杯楽しみたい」と力を込めた。

また、11月10日(木)19時からは、タワーレコード難波店の5階イベントスペースにて、平野と米原による「トーク&ブロマイドお渡し会」を開催。こちらもぜひ参加を。

取材・文:黒石悦子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます