「おとぎ話の“闇”に着目」新鋭ヴィジュアル派監督が語る『スノーホワイト』

2012.6.13 17:16配信
『スノーホワイト』撮影中のルパート・サンダース監督 (C)2011 Universal Studios. All Rights Reserved.

グリム童話やディズニーアニメでお馴染みの『白雪姫』が21世紀仕様のフェアリーテール『スノーホワイト』となって復活。全米でも大ヒットを記録した本作の監督ルパート・サンダースがインタビューに応えた。

その他の写真

サンダースはCM界で注目されたヴィジュアル派で、本作が初監督作となる。「グリムの原作はフェアリーテールの枠を超えた物語のオリジンだと思う。そういう作品をデビュー作にできるのは、僕のような新人監督にとってはまたとないチャンスだと思った」

最初にスタジオに提出したのは、自らのイマジネーションをもとに創造した3分間のプロモーションビデオだったという。「邪悪なクイーンがミルクバスから出てくるシーンや、彼女が一瞬のうちにカラスに変身するシーン…。いろんなバージョンを作ったら、それが認められて監督を任されることになった。面白いことにそれをベースにしたシーンが予告編にも使われたんだ」。やはりヴィジュアル的な才能に長けているのだろう。確かにそれらの映像のインパクトは強烈。フェアリーテールの甘さに闇がプラスされている。「地に足が着いたフェアリーテールを語りたい。それが僕たちの目標だった。そのためには美しさだけではダメ。おとぎ話の向こうにある闇にも目を向ける必要があったんだ」。

その闇を象徴するのが、権力と美しさに執着する魔女の継母ラヴェンナ。演じるシャーリーズ・セロンは登場するたびにコスチュームを替え、驚くほど美しい。「でも、その衣装はすべて死をイメージさせるものなんだ。しゃれこうべや毛皮、カブトムシの殻やハリネズミ…、それらを纏っていつも鏡を見ている。反対にスノーホワイトは、ほとんど同じ衣装で一度も鏡を見ないんだ」。

ヒロインたちの個性をまず映像で伝える。ヴィジュアル派の監督らしいアプローチだ。ちなみに、大ヒットによって続編企画も浮上。サンダースの続投が伝えられている。新しいヴィジュアリストの誕生といえそうだ。

取材・文:渡辺麻紀

『スノーホワイト』
6月15日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング