『アメイジング・スパイダーマン』ワールドプレミアに、日本のファン1000人が大興奮

2012.6.13 20:26配信
ワールドプレミアの様子

映画『アメイジング・スパイダーマン』のワールドプレミアが13日に、東京・六本木ヒルズで開催され、主演のアンドリュー・ガーフィールドをはじめ、エマ・ストーン、リース・イーヴァンズ、マーク・ウェブ監督らが出席した。会場には約1000人のファンが駆けつけ、世界最速でのプレミア開催に大興奮し、感極まったガーフィールドは「ニホンガ、ダイスキデス」と日本語であいさつした。

その他の写真

本作は、スタッフとキャストを一新し、新たな“スパイダーマン/ピーター・パーカー”の成長と戦いを描くシリーズ第1弾。そのワールドプレミアの地に選ばれたのが、日本だった。客席エリアには、スパイダーマンのマスクをつけた小さな男の子の姿もあり「君、カッコいいね。本当にありがとう」とガーフィールドが呼びかける場面も。ピーターの恋人を演じるストーンも「最高のファンがいる日本こそが、ワールドプレミアにふさわしい場所ね」と興奮を隠しきれない様子だった。

また、スパイダーマンの宿敵となる巨大トカゲ・リザードに変身する天才科学者を演じたイーヴァンズは「僕らは、この作品をとても楽しみながら撮影したんだ。だから、日本のみんなにも同じくらい映画を楽しんでほしい」とアピール。長編2作目にして、ハリウッド屈指の超大作を任されたウェブ監督も「スパイダーマンという国をこえたシンボルを、ここ日本で皆さんと分かち合えるのは本当にうれしい」と感激しきり。「スペクタクル大作であることに間違いないが、一番大切にしたのはピーターの“ピュア”なハートなんだ」と見どころを語っていた。

幼い頃に両親と離れ離れになった高校生のピーター・パーカーが、科学者だった父親の極秘研究を知り、その秘密を探ろうと、父親の共同研究者だったコナーズ博士(イーヴァンズ)に接触。ときを同じくして、奇妙なクモにかまれたピーターは、驚異的なパワーに目覚め、正義のために戦う決意をする。世界に先駆け、日本での最速上映が決定した本作。新たなステージに立ったスパイダーマンの“苦悩”と“成長”をいち早く味わうチャンスがもうすぐ到来する。

『アメイジング・スパイダーマン』
6月23日(土)、24日(日)世界最速3D先行上映(一部劇場除く)
6月30日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング