%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc_%e5%a0%b4%e9%9d%a2%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%881

この夏、興行収入68億円突破の大ヒットを記録し、10月9日(米現地時間)には世界興行収入が10億ドルの大台を突破したディズニー/ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』が、早くも2016年11月15日(火)より先行デジタル配信開始、続く11月22日(火)にはMovieNEXが発売されます。

この度、MovieNEXに収録されているボーナス映像から、忘れんぼうのドリー誕生秘話に迫るメイキング映像の一部が解禁されました。

ドリーの意外なモチーフとは!?

『ファインディング・ドリー』は、カクレクマノミのマーリンがナンヨウハギのドリーと共に、息子ニモを人間の世界から救出した『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年後の世界が描かれる物語。

いつも明るくてポジティブだけど、なんでもすぐに忘れてしまうドリーが唯一忘れなかったのが家族の記憶。

ドリーは家族を捜すため、ニモやマーリンと共に冒険の旅に出ます。

前作『ファインディング・ニモ』では、人間にさらわれた息子ニモを探す父マーリンの相棒として登場し、本作では主人公として冒険に出る忘れんぼうのドリー。

前作に続き監督を務めたアンドリュー・スタントンは、ドリーの忘れっぽい性格を「金魚は5秒で忘れることをどこかで読んだから」と、意外にも金魚をモチーフにしていたことを告白。

その設定が物語の展開に役に立ったと当時を振り返ります。

さらに、共同監督のアンガス・マクレーンは、今回ドリーを主役にしたことで、改めて「繊細でありながら明るくて楽しい性格」のキャラクターとして描いたと付け加えます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます