妻夫木聡、映画『愛と誠』で大切にしたのは“孤独感”

2012.6.14 14:47配信
妻夫木聡 スタイリスト:二村 毅(little friends)、メイク:勇見勝彦(THYMON)

どんな作品に出演し、どんな役を演じるのか、その動向に注目が集まる俳優、妻夫木聡の最新作は、梶原一騎・原作、ながやす巧・漫画による名作コミックを基にした映画『愛と誠』。“究極の純愛エンターテインメント”と言われる本作で彼は、誰にも止められない超不良の主人公をどう演じたのだろうか?

その他の写真

本作は、幼少期に運命的に出会い、高校生に成長した1972年に新宿地下街で再会を果たした令嬢・早乙女愛と、超不良の大賀誠の純愛劇を、強烈な登場人物たちのドラマを交えて描いた作品だ。

数多くの出演オファーが舞い込むなか、妻夫木聡が作品選びで重きを置いているのは、“脚本が面白いこと”と“直感”だという。今回はまず、三池崇史監督と『SABU/さぶ』以来10年ぶりにタッグが組めることを喜び、歌と踊り、アクション、純愛など様々なジャンルが混ざり合った「これはこういう映画です、と言えない作品」であることに面白さを感じ、オファーを快諾した。

「歌って踊ってアクションもする。最初はミュージカルを思い描いていたんですけど、歌のレコーディングのときも踊りのシーンの撮影のときも、『誠っぽさが出るといいよね』と三池監督に言われて」と語る妻夫木は、「上手く歌う、上手く踊るのではなく、誠の感情としてポンッとセリフが自然に出るみたいに、ポンッと踊っちゃったみたいな。むかついたからケンカして殴る! っていう行為のように、むかついたからケンカして踊る! という、そういう発想なんです(笑)」と、新しいアプローチによる演技を楽しんだ様子。劇中では西城秀樹が1974年にリリースした『激しい恋』を熱唱し、誠の心情を表現。音楽プロデューサーに小林武史、振り付けにパパイヤ鈴木という強力なサポートを得て、かつて見たことのない妻夫木聡がスクリーンに刻まれた。

また、誠を演じるにあたって三池監督からリクエストされたのは“クールな男”であること。早乙女愛が惜しみない愛情を注いでも、その気持ちになびかない誠を演じるにあたって大切にしたのは“孤独感”だと、妻夫木は振り返る。「たとえば、男って自分のことを好きだと言ってくれる人に弱いところがあるものだけれど、誠は一切揺れることがない。それって硬派だと思う。愛が誠のために衣食住を用意しても、平気で彼女に向かって『うるせぇ!』って言ってしまえる。そんなふうに自分を貫ける男って、憧れます」。クールでありながら、“ある出来事”によって心を閉ざし、過去を背負って生きる男の哀しみを表現する妻夫木。最後にはしっかりと泣かせてくれるのもさすがだ。

さまざまな要素が詰まった作品で説明がし難い映画ではあるが「騙されたと思って観に来てほしい」という彼の言葉からは、作品への確かな自信と愛がうかがえた。

『愛と誠』

取材・文・写真:新谷里映

いま人気の動画

     

人気記事ランキング