アクアシティお台場のイルミネーション点灯式に登場したDAIGO

 東京・港区のアクアシティお台場で「AQUA XMAS2016」ウィンターイルミネーション点灯式が10日に行われた。今年のテーマは「深海のクリスマス」。映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とのコラボレーションを加え、アクアシティ限定のオリジナルライティングショーも予定している。

 イベントには宣伝大使として歌手のDAIGOが映画の主人公ニュートのようないでたちで登場し、会場は熱気に包まれた。

 手に持った魔法のつえで「ルーモス(光を!)」と呪文を唱えると、お台場の夜がファンタジックな魔法の光が点灯され、観客を魅了した。その光景にDAIGOは「ファンタスティック・ビーストならぬ、ファンタスティック・ビューティーでしたね!」とタイトルを盛り込んだコメントをし、しっかりと作品をアピールした。

 “ハリーポッター”の曲に合わせ、アクアシティ限定のオリジナルライティングショーについては「音楽とイルミネーションのコラボレーションが最高でした」と語り、最後に

 「もうひとつ点灯させたいものがある」と魔法で点灯させたのは“FBS”のDAI語。「ファンタスティック・ビースト・すごい! すてきでもいいし、スペシャルでもいい。とにかく最高のSです」と明かし、会場は笑いに包まれた。

 おっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダーは、動物と過ごすほうが気楽な魔法動物学者。ある日、彼の魔法のトランクから、魔法動物が逃げ出してしまい・・・!?「ハリー・ポッター」の原作者J・K・ローリングが贈る新シリーズ。

 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます