世の中には数えきれないほどの調味料がありますが、日頃使っている調味料だけでも数十個はありますよね。

何かに使えそうだと購入したものの、活躍シーンが少なかったり、なかなか使い切れずに余ってしまったりしていませんか?そんな余りがちな調味料を活用する方法をご紹介します。

余りがちな調味料とその活用方法について

1)砂糖

*食品の腐敗を予防する

砂糖には、食品に含まれている水分を抱え込んで離さない性質(保水性)があります。そのため、細菌やカビの水分を奪い取り、繁殖を防ぐ作用が期待できます。

*肉を柔らかくする

調理前の肉に砂糖を揉み込むことで、砂糖が肉のタンパク質と水分を結合させるため、肉が固くなる状態を阻止できます。

*生臭ささを消す

魚等、臭いが気になる食材を調理する際に砂糖を使用すると生臭さを除去できます。

*パンをふわっとさせる

パンを作る際、砂糖を入れることで酵母の作用が活発になり、パン生地がふわっと膨らみます。

*卵料理の口当たりをよくする

卵料理に砂糖を使用することで、卵のタンパク質凝固温度が上がるため、固まる速さが緩やかになり、ふわふわで柔らかくなります。

*砂糖をスキンケアに活用する(上白糖を使用する)

砂糖は、優れた保水力による保湿機能や、要らない角質を除去する洗浄作用、殺菌作用が期待できると考えられています。 

2)塩

*排水口の掃除

塩と重曹を混ぜたものを排水口に流し入れ、しばらく放置した後熱めのお湯で洗い流すことで、ぬめり取りや消臭作用が期待できます。

*床の拭き掃除

水と塩を入れた容器の中に雑巾を浸し、よく絞ったもので水拭きをすると床がきれいになります。

*窓掃除に活用する

水で湿らせた雑巾に適量の塩を付けて拭き掃除をすると、汚れが除去しやすくなります。

また、塩水に浸した雑巾やスポンジで窓を拭いた後、乾拭きして乾燥させることで結露防止が期待できます。(金属部分にふれると錆びる恐れがあるため注意が必要) 

「ハピママ*」更新情報が受け取れます