TIFFアニ!! 【第1部】 東京国際映画祭 イチオシ・アニメ スペシャルステージ©2016 TIFFTIFFアニ!! 【第1部】 東京国際映画祭 イチオシ・アニメ スペシャルステージ  ©2016 TIFF

11月3日に大盛況のうちに閉幕した『第29回東京国際映画祭』。今年も洋画・邦画様々な作品が上映され、連日、登壇イベントやトークショーが行われました。

そんな『東京国際映画祭』29年の歴史の中で、今回初の試みとなったのが、アニメーション特別企画『TIFFアニ!!』。映画祭ならではの、大きなスクリーンでの映像上映やゲストを迎えたトークコーナーなど、アニメーションの今が分かる特別なイベントとあって、大きな話題を呼びました。

今回、『Character JAPAN』では、この『TIFFアニ!!』の模様を前編・後編に分けてレポートでご紹介。

一緒にこのイベントを体験してくれた、オフィスPAC所属の声優ユニット「NOW ON AIR」のメンバー、飯野美紗子さん&田中有紀さんのコメントやインタビューも併せてご覧ください!

NOW ON AIR 写真左から田中有紀、飯野美紗子 撮影:小林裕和NOW ON AIR 写真左から田中有紀、飯野美紗子 撮影:小林裕和
「NOW ON AIR」とは?

映像制作の総合プロダクションである東北新社とCSファミリー劇場がタッグを組み、新世代のヒロイン声優たちを発掘する「キミコエ・オーディション」。

約3,000名の応募の中から選ばれた飯野美紗子さん、岩淵桃音さん、片平美那さん、 神戸光歩さん、鈴木陽斗実さん、田中有紀さんの6名が“あすのヒロイン声優”の座を勝ち取りました。

合格者6名は個々の声優の活動と並行して 「NOW ON AIR」としてユニットを結成 。

2017年夏公開予定の劇場アニメ「きみの声をとどけたい」のメインキャストとしての出演、ランティスからのCDデビューが決定している、大注目の声優ユニット。

田舎の女子中学生×異世界×ダンス! 12月23日公開。オリジナルアニメ映画『ポッピンQ』

170414_o

『TIFFアニ!!』の司会進行を務めたのは、フジテレビアナウンサーの笠井信輔さん。

「皆さん、なぜ僕がアニメイベントの司会? と思うかもしれませんが、浪人時代は『マクロス』のリン・ミンメイが心の支えでした。そこから『ガンダム』にハマり、『イデオン』に行き、最近では『カバネリ』!

面白かったけど最後は“ここで終わるのかよ!”ってビックリしたけど、映画楽しみですよね」と、いきなり軽快なアニメトークで会場を沸かせました。

イベント第一部にまず登場したのが、12月23日公開のアニメ映画『ポッピンQ』。

東映アニメーション60周年を記念して制作された、不思議な世界に迷いこんでしまった5人の少女たちが、世界の危機を救うためにダンスを通じて心を通じ合わせていく姿を描くオリジナル作品です。

「ほぼそのまま本編の冒頭」であるという、7分の特別映像が上映され、ゲストに宮原直樹監督と友立小夏役の種﨑敦美さんが登場。舞台挨拶を行いました。

『ポッピンQ』 宮原直樹監督『ポッピンQ』 宮原直樹監督

これまで、『プリキュア』などの東映アニメーション作品を手掛けてきた、宮原監督は本作について「今日ご覧いただいた映像は日常でのシーンでしたが、映画の中ではダンスシーンに一番重点を置いています。

元々、アニメの中で3Dムービーのダンスシーンを作っていましたが、ダンスに人間ドラマを絡めたいと思い作ったのが『ポッピンQ』です」とコメント。

いち早く本作を観た笠井アナウンサーは、ダンスシーンに大興奮したそうで、「ダンスシーンが本当に見事! これ、種﨑さん、声優の皆さんで実際に踊った方が絶対に良いですよ!

『ラブライブ!』とか、ライブやったりしているでしょう」と種﨑さんに熱烈なオファーをし、種﨑さんが「や、やりますか……(笑)」とたじろぐ一幕も。

本作のドラマパートについて「自分の娘2人が、中高生と年頃なので彼女達から感情を研究した」という宮原監督。

『ポッピンQ』 声優、種崎敦美さん『ポッピンQ』 種崎敦美さん

種﨑さんは「中学生の頃って、今思うと“なんであんな事で悩んでいたんだろう”と思う事があるじゃないですか。そんな気持ちを思い出しました」としみじみ。

劇中の「人には勝負しなきゃいけない時があるき!」というセリフに関連して「宮原監督、種﨑さんの勝負時とはどんな時ですか?」という質問が飛ぶと、

「私は声優なのでオーディションの1回、1回が勝負です。22歳で声優になろうと思い、スタートが遅い方なので」と種﨑さん。

監督は「『ドラゴンボールZ』を作っていたのに、そこから『プリキュア』に行った事も勝負ですかね(笑)」と笑い、最後に「『青春も冒険である』という作品です。

タイトルも内容も謎だらけだと思いますが、幅広い年齢の方に楽しんでいただきたいです」と映画をPRしました。

飯野美紗子さん飯野美紗子さん
■飯野美紗子さん&田中有紀さんはこう見た!
「タイトルから、どんな作品なんだろう? と想像がつかなかったのですが、映像ではキレイな日常の風景が描かれていて、それぞれの悩みがリアルで惹き込まれました。これからダンスシーンや異世界の描写が入るなんて、ギャップにビックリしました」(飯野)

「主人公の小湊伊純(こみなといずみ)が走るシーンから始まりますが、映像がキレイでビックリしました! 後ろの背景と、キャラクターの動きがとてもなめらかで、はやく全部観たいです!」(田中)
「Character JAPAN」更新情報が受け取れます