新納慎也

 俳優の西岡徳馬と新納慎也、音尾琢真、演出家の深作健太が16日、東京都内で行われた舞台「スルース~探偵~」稽古場合同取材会に出席した。

 本作は、トニー賞を受賞した傑作推理劇を、西岡と新納が出演する「探偵バージョン」と西岡と音尾の共演による「スルースバージョン」の2バージョンで上演される。いずれのバージョンでも、西岡はベテランのミステリー作家、アンドリュー・ワイクを演じ、NHK大河ドラマ「真田丸」で豊臣秀次役を務めた新納、そしてTEAM NACSのメンバー音尾は、アンドリューの妻の愛人であり、アンドリューと対峙するマイロ・ティンドル役を共に務める。

 この日、初めて顔を合わせたという新納と音尾は、Wキャストであることを強く意識している様子。新納が「Wキャストの経験がなくて、相手役を殺したいと思うものなのかと思っていましたけど、ああ、こういう気持ちなんだなと感じている。どういう気持ちかは文章にすると大変なので…」とあいまいでありながらも不穏な心境を話すと、音尾からも「(新納とは)同い年でもあり、ますますライバルだと思っています」と宣言された。

 さらに、記者から「体力をつけるためにしていること」を聞かれた新納と音尾は顔を見合わせながら「何をしていますか?」と互いに牽制しあってライバル関係を強調し、会場を盛り上げていた。

 また、若い頃から本作への出演を熱望していたという西岡は、「(本作に出演できるのは)神様からのプレゼントだと思っています。おろそかにできない作品なので、大変熱が入っています」と熱い思いを語ると、「どっち(のバージョン)がおすすめかよく聞かれますが、両方って言ってます。両方、見てください」と力強くアピールした。

 舞台「スルース~探偵~」は、11月25日~12月28日に都内、新国立劇場で上演。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます