TA-FLW900

東芝ライフスタイルは、コードレスアイロン「美(ミ)ラクルLa・Coo(ラクー)」として、1915年の国産初の電気アイロン発売から100年を記念した「TA-FLW900」など、計5機種を12月16日に発売する。

「TA-FLW900」は、かけ面前方と同じように後方を細くしたかけ面形状「美ラクルベース」を採用するとともに、従来機種と比較して重心近く、握りやすいハンドル形状を採用。本体を低くしてハンドル位置をかけ面に近づけ、かけ面を広くした「センター重心&ロー&ワイド形状」によって、全方向に本体を動かしやすくし、手のひらで衣類をなでるようにアイロンをかけられるようにした。

かけ面には、ライン状に溝を設け、そのスチームラインに沿ってスチーム孔を配置。スチームをスチームライン全体に広げて、衣類にしっかりと浸透させる。スチーム機能としては、セーターなどの仕上げに便利な「倍増ショット」、ジャケットなどを吊したまましわ取りできる「吊してショット」、シワの深さによって、範囲が選べる「集中/全面ショット」などを搭載する。

カセットタンク内の水を除菌する「プラチナ・アクアクリーンユニット」を備えており、除菌した水を衣類へミストする「プラチナ抗菌ミスト」で衣類を抗菌できる。かけ面にはステンレスの約3倍の硬度を持つ「ボロンコートベース」を採用。カラーは、グランレッド、サテンゴールドの2色。税別の実勢価格は2万1000円前後の見込み。

このほか、同じく「美(ミ)ラクルベース」、全面スチームラインを採用した東芝アイロン100年記念モデルとして、かけ面の加工や機能が異なる「美(ミ)ラクルLa・Coo(ラクー)」シリーズの新製品「TA-FLW800」「TA-FLW700」、「コンパクト 美(ミ)ラクルLa・Coo(ラクー)」として「TA-FVX630」「TA-FV430」を発売する。

「TA-FLW800」は、かけ面にニッケルコートを採用。カラーは、グランレッド、ピンクの2色。税別の実勢価格は1万7000円前後の見込み。

「TA-FLW700」は、かけ面にシルバーチタンダイヤモンドコートを採用し、カラーは、レッド、シルバーの2色。税別の実勢価格は1万4000円前後の見込み。

「TA-FVX630」は、かけ面にシルバーセラミックコートを採用し、カラーは、グランレッド、パールホワイトの2色。税別の実勢価格は9000円前後の見込み。

「TA-FV430」は、かけ面にシルバーチタンコートを採用し、カラーは、ブルー、ブラックの2色。税別の実勢価格は6000円前後の見込み。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます