HCS-FS01シリーズ

エレコムは11月16日、ヘルスケア用品「HELLO」ブランドで、筑波大学と共同開発した体組成計の新製品「HCS-FS01シリーズ」を12月8日に発売すると発表した。家庭用体組成計で初めて、MRI画像を使った立体的な内蔵脂肪の測定ができる。

エレコムの梶浦幸二常務取締役は「筑波大と約3年前から共同研究してきた体組成計。世界初といえる内容になっていて、今までにない計測結果が出る」と紹介した。

「HCS-FS01シリーズ」は、腹部全体のMRI画像24枚から内蔵脂肪の体積を算出するので、へそまわりのCT画像1枚で内臓脂肪を測定する一般的な体組成計に比べ、より正確な内臓脂肪レベルが評価できるのが特徴だ。

測定できるのは、体重と内臓脂肪レベル、BMI、体脂肪率、骨格筋率、骨量、基礎代謝の7項目。体重の変化を詳しく把握できるよう、50グラム単位の測定が可能。足のサイズは約28cmまで対応する。

無料の専用アプリ「HELLO」を使うと、iOS/Android搭載のスマートフォンやタブレット端末で測定データが管理できる。使い勝手を重視し、無線通信には非対応とした。カラーはブラックとレッド、ホワイトの3色。税込み価格は6772円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます