世界初のトライバンド対応「Orbi」

ネットギアジャパンは11月17日、世界初のトライバンドに対応したWi-Fiシステム「Orbi(RBK50-100JPS)」を発表した。子機の台数が増えても、通信速度が遅くならないのが特徴。12月22日に発売する。

「Orbi」は、IEEE 802.11ac対応無線LANルーターと中継機(エクステンダー)をセットで展開。トライバンドに対応しており、スマートフォンなど、接続するWi-Fiデバイス(子機)用に、2.4GHz帯と5.0GHz帯をそれぞれ1つずつ、親機となる無線LANルーターと中継機との中継専用に独立した5GHz帯(1733Mbps)を割り当てている。最大4000平方フィート(約112坪)の広さをカバーでき、複数台の子機と同時に通信可能なMU-MIMOにも対応する。

登壇した米国ネットギアのサンディープ・ハルパラーニ プロダクトマーケティングシニアディレクターは「従来のWi-Fi中継機は、子機と同じ周波数帯を使用して中継するため、接続する子機の台数が増えると通信速度が落ちたが、親機と中継機間用に専用の5GHz帯を割り当てることで、子機用の周波数帯に干渉せずに、子機の台数が増えても、高速Wi-Fi接続が可能になった」と説明した。

ネットギアジャパンの曽利 雅樹マーケティングマネージャーは、「従来の仕組みでは、Wi-Fi接続している子機が中継機エリアに入っても、中継機に自動的に接続されず、引き続き親機と接続したままとなり、ルーターのエリアから出た際に中継機へつなぎ直すため、通信状況が途切れてしまっていた。Orbiなら自動的に最適なOrbiサテライトへ接続が切り替えられ、ルーターのエリア外に出ても中継機に接続されているため、途切れることなく通信できる」と、従来製品と比べた優位性をアピールした。

Amazon.co.jpでは、11月17日から先行予約を開始。税込み価格は4万5800円だが、割引クーポンを使用すれば、5000円割引きの4万800円で購入できる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます