バーレルを持ちながら笑顔を見せる桐谷健太

 KFCのクリスマスキャンペーン・新CM発表会が17日、東京都内で行われ、CMに起用された桐谷健太が真っ赤なジャケット姿で登壇した。司会者から衣装を褒められた桐谷は「今日は、“ケンタクロース”ということでクリスマスカラーの赤でバチッと決めましたよ」と答え、「このまま日本全国、いや世界をねり歩きたい気分ですよ」とケンタクロース大使に任命されたうれしさを表現した。

 撮影の様子を尋ねられた桐谷は、「一緒に撮影した息子役の峰岸くんが実は僕の小さいころにそっくりで、もしかしたら20年後峰岸くんがケンタクロース大使をやっているかもしれませんね」と笑顔で語った。自身の撮影について「僕はケンタッキーさんの撮影のときには朝から何も食べていかないんですよ。だから撮影の表情っていうのは演技なしの本当においしいものを食べたときの表情なんです」と並々ならぬケンタッキー愛を見せた。

 ケンタクロース大使としての今後の行動目標を聞かれた桐谷は「ケンタファンの方に、オリジナルチキンをもっとお得に食べてほしいので何かしたいんですけど」と近藤社長に相談すると、「では、11月19日と20日の2日間だけ『ケンタパック』と名付けてその要望を通しましょう!」と社長から声が上がり急きょ、販売が決定された。この異例の決定を受け桐谷は「僕の名前もどどーんと出るし、ケンタパックを買った足でそのままクリスマスバーレルの予約してくれたら最高ですよね!」と満面の笑みを見せた。

 最近ケンタッキーの店舗を訪れた桐谷が、店員さんに全然気が付かれないというエピソードを語ると、会場からは笑いが起きた。「レジ横のモニターに僕のCMがガンガン流れているのに、ですよ。あれはもしかしたら優しさだったのかなぁ」と打ち明けた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます