受賞したトレンディエンジェル

 “2016年最も輝いた男たち”を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2016」授賞記者会見が21日、東京都内で行われ、受賞者の吉川晃司、菅田将暉、トレンディエンジェル、柔道家のベイカー茉秋選手、陸上男子400メートルリレー日本代表の飯塚翔太選手、桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手、山縣亮太選手、渡辺謙が出席した。

 「GQ MEN OF THE YEAR 2016」は生き方、仕事、スタイルにおいて「GQ JAPAN」読者をインスパイアし、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈る賞で、日本では今年で11回目となる。

 共に受賞した指揮者の小澤征爾氏はこの日の会見を欠席。渡辺は「上から数えて二番目だと思っていたら、今日最年長になってしまった。(菅田くんが)23歳でこういう賞をもらうのも素晴らしいし、オリンピックイヤーでもあるし、最年長かと横並びで改めて思いました」と苦笑した。

 一方、桐生選手は「20歳なので僕が一番下だと思うのですが、テレビで見ていた皆さんがいてめちゃくちゃテンションが上っていてうれしいなと思います」と無邪気な笑顔を見せ、飯塚選手は「受賞の喜びを一番に伝えたいのは家族です。男に産んでくれてありがとうという感じです」と喜んだ。

 山縣選手は「最大の目標だったメダルを取ることができて、自分の中で一つステップアップできた年だと思います。吉川晃司さんが中高の先輩なので、この場に一緒に立てることが本当にうれしい」と熱い視線を送り、吉川も「僕の方こそです。母校からメダリストが出たと大騒ぎでした」と後輩の活躍をたたえた。

 また、今年大ブレークしたトレンディエンジェルの斎藤司は今年1年を振り返って「いろいろな可能性を皆さんに教えていただきました」と語り、新語・流行語大賞に「斎藤さんだぞ!」がノミネートされていることから、「皆さんに愛してもらったおかげ。今はどうやって大賞を取ろうかいろいろな角度から考えています。『君の名は。』と言われても『斎藤さんだぞ!』、『神ってる』だったら『髪減ってる』と言いたい」と秘策を明かして笑わせた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます