ここからレースに出発! ここからレースに出発! ©Disney (撮影 / つるたま )

東京ディズニーランドの開園当時からあるアトラクション、「グランドサーキット・レースウェイ」。

2017年1月11日(水)に、その歴史を閉じます。

ラストランを更に楽しむ、7つのトリビアをご紹介します!

34年間の歴史に幕! 乗車証明書がもらえるキャンペーンが開催

1983年4月15日の東京ディズニーランドのグランドオープンから、多くのゲストに親しまれてきた、「グランドサーキット・レースウェイ」。

ファンタジーランドの改修工事に伴い、2017年1月11日(水)、その歴史を終えようとしています。

間もなくクローズとなる「グランドサーキット・レースウェイ」。

たくさんのゲストに愛されてきた感謝を込めて、2016年11月21日(月)~2017年1月11日(水)の期間、「グランドサーキット・レースウェイ ファイナルラップ・キャンペーン」を開催。

見て見て! もらったよ! 見て見て! もらったよ! ©Disney (撮影 / つるたま )

同期間中にアトラクション体験をしたゲストに、スペシャルデザインの乗車証明書が配布されます。

乗車証明書のデザインは2種類。

第1弾のデザインは、2016年11月21日(月)~12月16日(金)、第2弾は12月17日(土)~2017年1月11日(水)に配布されます。

約34年間の長い歴史の中で、パーク開園からの延べ乗車人数は、約1億4千万人(2016年9月30日時点)。

これはなんと、日本の総人口を上回る数なのです。

間もなく迎えるラストラン。幅広い世代に愛されたアトラクションで、今一度レースに参加してみませんか?

 

1. 入口脇のレーシングカーに書かれた数字「83」の意味は?

ディズニースナップフォトのスペシャルデザインフォトフレームディズニースナップフォトのスペシャルデザインフォトフレーム ©Disney (撮影 / つるたま )

運転免許の無い方でも気軽に楽しめる「グランドサーキット・レースウェイ」。

ただ、乗り物にひとりで座って、安定した姿勢を保てない方や、身長132cm未満の方は、1人では利用ができません。

また、車に乗った記念写真を撮りたい所ですが、ここは目まぐるしくドライバーが入れ替わるレース場。

そんな時には、入り口脇に設置されている、フォトロケーションが便利。

ここでは自由に写真を撮る事が出来ます。

過去にはディズニー・ピクサー映画『カーズ2』が公開された時、同映画に登場する主人公、ライトニング・マックィーンがここに登場していた事もあります。

このマシンの車体の後方脇には「83」の数字が書かれています。

一見意味の無い数字にも見えますが…?

「グランドサーキット・レースウェイ」は、1983年4月の、開園当時から存在するアトラクション。

そうです。

この「83」の数字は、東京ディズニーランドのグランドオープンの年号と一緒なのです。

こんな小さなこだわりも面白いですね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます