振り袖姿で登場した小島瑠璃子

 ブラザーのインクジェットプリンター「プリビオ」新CM発表会が22日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務めたタレントの小島瑠璃子が登壇した。

 TBS系ドラマ「コック警部の晩餐会」に出演するなど、演技に初挑戦した小島。「演技には慣れた?」という質問には「慣れないし、底知れないお仕事だと思いました」と回答。また「とてもやりがいのある素晴らしいお仕事だなと思いましたが、やればやるほど自分は根っからのバラエティーの人間だと実感しました。やはり、そう育ってきたので」と語った。

 その後の囲み取材でも、さまざまなジャンルの仕事の中でも一番好きなのは「バラエティーですね」と即答した小島。「イベントの場で言うのもちょっと…ですが、いろんなお仕事をやらせていただいて、難しさも楽しさも全部、分かったけど、やればやるほど自分はバラエティーが好きだなと思いました」と言葉を重ね「緊張する時もありますが、笑いのある現場が好きなので」と話した。

 一方、新たなジャンルとして「歌」について聞かれた小島は「過去にひっそりとやっていました。鳴かず飛ばずだったので、なかったことになっていますが」と告白。「次のお話が掛からなくて、私はやっぱり“ここ”じゃないんだなと思って早めに撤退しました」と振り返り、笑いを誘った。

 この日、小島はCMでも着用した艶やかな振り袖姿で登場。来年の抱負として「挑戦」と筆でしたためると、「お仕事では長期で海外ロケに行きたいです」と希望。「1回も行ったことがないヨーロッパや、東南アジアにも行ってみたい」と語り、「なかなか生放送が多くて行けないのですが、ここで宣言して、事務所の偉い人に伝わればいいな」と笑顔を浮かべた。

 また、プライベートでは「すごく海が好きなので、ジェットスキーの免許を取りたいです」と声を弾ませた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます