バッファロー、国内初の11ac技術に対応した無線LANルータ「WZR-D1100H」と子機「WLI-H4-D600」

2012.6.15 20:4配信
「WZR-D1100H」(左)と「WLI-H4-D600」

バッファローは、次世代無線LAN「11ac技術」に対応する国内初の無線LANルータ「WZR-D1100H」とLAN端子用無線LAN子機「WLI-H4-D600」を7月上旬に、「WZR-D1100H」と「WLI-H4-D600」のセットモデルを7月下旬に発売する。税別価格は、「WZR-D1100H」が1万7800円、「WLI-H4-D600」が1万6800円、セットモデルが3万1700円。

「11ac技術」は、アメリカ電気電子学会(IEEE)が策定を進めている次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」で採用する見込みの高速化技術。「WZR-D1100H」と「WLI-H4-D600」は、「11ac技術」の一つ「変調信号の多値化」によって、伝送能力を約1.3倍にした。

「WZR-D1100H」は、5GHz帯で600Mbps(理論値)を実現し、従来の2.4GHz帯の11nでも450Mbps(規格値)の無線LAN規格に対応。5GHz帯と2.4GHz帯の同時利用ができ、11n規格でも5GHz帯と2.4GHz帯で450Mbps(規格値)で通信できる。ギガビット対応の有線LANポート4基を備える。

さらに、スマートフォンやタブレット端末で初期設定ができる「AOSS2」に対応し、PCならセットアップCDなしで設定することができる。サイズは幅34×高さ212×奥行き183mmで、重さは約510g。

「WLI-H4-D600」は、ギガビット対応の有線LANポート4基を備え、ネットワークメディアプレーヤーやゲーム機など、4台までのネットワーク対応機器で同時に無線LANを使うことができる。

無線LAN機能は、5GHz帯では伝送速度600Mbps(理論値)の「11ac技術」と、伝送速度450Mbps(規格値)の11nに対応。2.4GHz帯では伝送速度450Mbps(規格値)の11nに対応しており、5GHz帯と2.4GHz帯の、どちらかで通信できる。

対応OSは、Windows 7(32/64ビット)/Vista(32/64ビット)/XP、Mac OS X 10.7/10.6/10.5/10.4。サイズは幅34×高さ212×奥行き183mmで、重さは約500g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング