クラウドファンディングサイト「Makuake」よりクラウドファンディングサイト「Makuake」より

三重県志摩市の海女萌えキャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」のアニメ制作プロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」にてスタート。

目標額は400万円を設定しており、三重県にゆかりのある声優やミュージシャンを起用して、約30秒のアニメPVを制作することを目標に支援募集が行われています。

クラウドファンディングサイト「Makuake」よりクラウドファンディングサイト「Makuake」より

「碧志摩メグ」は、重県伊勢志摩の伝統産業であり、全国的に後継者不足となっている海女業の活性化、そして地元を盛り上げるという想いから生まれたキャラクター。2014年に誕生し、志摩市の公認キャラクターとなったものの、一部から批判の声があり、制作を行ったMARIBONが市に対して公認撤回を申請し、非公認となりました。しかし非公認となったものの、地元や全国から「かわいいメグのデザインを変えないで頑張って欲しい」という応援が多く寄せられたとのことで、非公認キャラクターとして再スタートすることになりました。

現在は伊勢神宮付近の施設とコラボするなど、活動も再開しており、また「萌えキャラグランプリ2016」ではご当地キャラ部門全国2位になったこと、そして「アニメディア」編集部より”アニメディア特別賞”にも選ばれるなど、注目を集めています。

アニメ用の設定資料 クラウドファンディングサイト「Makuake」よりアニメ用の設定資料 クラウドファンディングサイト「Makuake」より

そんな「碧志摩メグ」の活動の可能性を広げるために、アニメ制作プロジェクトがスタート。アニメPVを制作し、キャラクターに「声」と「動き」を付けア ピールすることを目標にプロジェクトが立ち上がりました。アニメPVは30秒のアニメを予定していて、2017年3月にホームページにて公開を予定。また 声優やPVの主題歌を、三重県にゆかりのかる声優・ミュージシャンにお願いすることを予定しています。

支援者のリターンとしては、「碧志摩メグ」に関する、クラウドファンディングでしか手に入れることができないグッズを用意。描き下ろしイラストを使用したクリアポスターや手ぬぐいのほか、三重県志摩市出身でハリウッド帰りの本格派原型師・タナベシンさんによる1/6胸像ミニフィギュアなども予定しています。

碧志摩メグ グッズ クラウドファンディングサイト「Makuake」より碧志摩メグ グッズ クラウドファンディングサイト「Makuake」より
「Character JAPAN」更新情報が受け取れます