ネイト Botvac Connected

ネイトロボティクスは、Wi-Fi対応のIoT全自動ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected」を11月末に発売する。税別価格は9万2500円。

iPhone/Android対応アプリを使用することで、スマートフォンから掃除の開始、終了、一時停止、予約、メッセージ受信などができる。

本体前方に、ダニやホコリ、ペットの毛などをかき込む27.6cmのワイドブラシを備えた独自の「Dシェイプデザイン」を採用する。また、耐久性に優れたサイドブラシがゴミをまき散らすことなく、壁ぎわのゴミをかき出すため、丸形のロボット掃除機が苦手としていた部屋の壁ぎわや隅も、しっかり掃除できる。

レーザーセンサ技術「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」を活用した人工知能「Botvision」など、最先端のロボット技術によって、室内の形状や家具のレイアウトを正確に測定し、部屋の壁ぎわ約1cmを移動して、規則正しく掃除を行うほか、複数の部屋を自動認識して掃除する「マルチルームクリーニング機能」、毎日指定の時間に自動で掃除を開始する「オートスケジュール機能」、充電後に自動で掃除途中の場所から掃除を再開する「自動再開機能」などの機能を備える。

掃除モードは、より静かで長時間掃除を行う「Ecoモード」と、最大吸引力で強力に掃除する「Turboモード」を選択可能で、専用アプリから手動操作できるマニュアル清掃にも対応している。

このほか、0.7Lの大容量ダストボックス、0.3μmの微粒子も吸着する「アレルゲンカット超高性能フィルター」を搭載する。バッテリ駆動時間は、「Ecoモード」時が最大120分、「Turboモード」時が最大90分。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます