gahag-0008107262

5,200件を超える恋愛相談を行ってきた筆者のもとには「彼は自由人で束縛がキライ。でも私は構ってほしいんです!」という悩みを抱えている方が多くいます。

束縛されることを嫌がり自由を愛する男性といっても、大きく分けて2パターンあります。

・束縛嫌いというのは言い訳で、彼女を構うのが面倒
・女性を構うことの大切さに気付いていない

前者の場合はどうしようもありませんが、後者の場合は、それを“気付かせてあげる”アプローチが必要になってきます。

そこで今回は、束縛がキライな男性がアナタの願望を快く「YES!」といってくれるような、上手なお願いパターンを3つご紹介します。

1. 「あなたがいなくて寂しい」と気持ちを素直に伝える

彼に「あれもこれもしてほしい」と思うのは彼がいなくて寂しい反動からくる感情です。

でも、「ああしろ、こうしろ」と命令口調で伝えるのはNG。

そうではなくて「あなたがいなくて寂しい」と素直に伝えたほうが、男性は言う通りにしてくれることが多いのです。

社会人経験が長くなると「寂しい」なんて言われることが少ないので、“新鮮”にも映る側面もあるようですよ。

「あなたが側にいなくて寂しい。だから週に1度は夕食をゆっくり一緒に取りたいな」
「あなたが側にいなくて寂しいの。せめておはようメールに返信して欲しいな……」
「最近、急にあなたに会いたくなっちゃう時があって……私、寂しいのかな? 時間ある時にLINEでやりとりしてくれると、気持ちが落ち着くんだよね」

とこんな感じです。

ポイントは“彼が少し努力すればできそうなお願い”からスタートすること。

2. 小さな「プレゼント」をねだる!

これは何かのついでにねだることができたら、OKとしましょう。

「会えない間、持っていたいから」と伝え、高額ではなく千円未満で買えるくらいのものがベスト。

大切なのは“彼に買ってもらう”ことではありません。

彼に「こんな簡単なことで彼女は喜んでくれるんだ!」と理解してもらうことがポイントです。

ですから、たまたまもらったものでも「会えない間こういうのがあると励みになるんだよね」と伝えるのを忘れずに。

モノではなく、時間をねだるのもアリです。

「10分だけ電話してもいい?」「近くにいるなら、30分だけお茶でもどう?」というように。

「構うことが、彼女に喜びを与えるんだ」と彼に学習してもらうための行動ということをお忘れなく。

気分によってOKしてもらえることもあるので、たとえNOと言われても時間を置いてまたお願いしてみましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます