「別冊Sparkle」1,200円(税込)

 芸能プロダクション、アミューズに所属する若手俳優による、年末恒例のファン感謝イベント「HANDSOME FESTIVAL 2016」が、12月17~18日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで開催される。「HANDSOME FESTIVAL」は2014年に10周年を迎えた「SUPERハンサムLIVE」が1年間の充電期間を経てリスタート、2年ぶりに復活したもの。

 現在発売中の“今、最も勢いがある俳優の素顔に迫る、オール撮り下ろしエンタメマガジン”「別冊Sparkle」は、「HANDSOME FESTIVAL」に出演する青柳塁斗、植原卓也、桜田通、戸谷公人、平間壮一、松島庄汰、水田航生、渡部秀の8人が表紙を飾る。さらに今号はW表紙としてウラ表紙にも石賀和輝、甲斐翔真、金子大地、許峰、小関裕太、松岡広大の6人が登場。

 総力特集では、19人のハンサムメンバーへのインタビュー&撮り下ろし写真をたっぷり36ページ掲載。「HANDSOME FESTIVAL」を前に意気込みを語るインタビューを、ファンは見逃せない。

 ハンサム出演メンバー以外では、同じくアミューズに所属する若手俳優で構成される「劇団プレステージ」のメンバーから猪塚健太と株元英彰が登場。

 クローズアップでは、人気コミックのドラマ化で1月から日本テレビ系で放送される「男水!」に注目。現在舞台を中心に活躍している松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、廣瀬智紀の4人の対談を6ページで紹介している。

 ステージリポートは、大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」を舞台化した、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“烏野、復活!”。

 “stageがキーワード”をキャッチに「別冊Sparkle」は1,200円(税込)で全国の書店・アニメイトで発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます