主演の佐藤寛太

 映画『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』の公開初日舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、出演者の佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生、陣内孝則、溝口稔監督が登壇した。

 本作は、人気のラブコメ漫画『イタズラなKiss』を初映画化。おばか女子高生の相原琴子(美沙)と、琴子が思いを寄せるIQ200の超絶イケメン入江直樹(佐藤)とのドタバタな共同生活を描く。

 映画初主演となった佐藤は「撮影自体が1年半ぐらい前。公開を待ち望んでいたのでとてもうれしい」と笑顔であいさつ。美沙も「昨夜はそわそわしてなかなか眠れなかった」と明かし、「長いようであっという間。無事公開できたので、もっともっとたくさんの人に“イタキス”を知っていただけたら」とアピールした。

 本作の見どころの一つは、原作の再現カット。琴子の部屋のインテリアをはじめ、琴子の表情まで漫画を基に演出が行われたという。美沙が「監督が、漫画を見ながら、私の寝癖を作ってくれました」と振り返ると、溝口監督も「原作にどれだけ忠実にいけるかを大切にした。原作愛に満ちた作品となっているし、(出演者の)みんなが頑張ってくれた」と胸を張った。

 一方、琴子の父親役を演じた陣内は「僕は本来、社会派の俳優。こういったラブコメは果たして合うのか…。原作でも、僕の役だけ手を抜いた一筆書きのようなイラストで、これに血を通わせるのはなかなか大変だと思った。まあ、僕の場合はスタニスラフスキーの演技法を用いたので、彫りの深いキャラクターに仕上がったと思う」と冗談めかして笑いを誘った。

 そんな陣内を佐藤は尊敬しているようで「経験の少ない若手キャストが集まった今回の現場。陣内さんからは、本番はもちろん、本番前の台本を読む姿勢だったり、現場への取り組み方を学ばせてもらいました」と感謝。これに対して陣内は「自分は謙虚な気持ちで、新人のつもりで一生懸命頑張りました」と照れながら応えた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます