(左から)高橋大輔、市川染五郎、荒川静香

 「氷艶 hyoen2017―破沙羅(バサラ)―」記者発表会が28日、東京都内で行われ、歌舞伎俳優の市川染五郎、フィギュアスケーターの荒川静香と高橋大輔が登場した。

 世界初の歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーション公演に出演し、演出も担当する染五郎は「スケート場で歌舞伎ができないかってことはずっと思っていまして、その夢がかなうのでドキドキワクワクしています。歌舞伎とスケートに共通している美しさとか艶やかさを十分に出して、涙が出るほど感動するような作品を目指したいと思います」と話した。

 公演の構想を抱いた経緯については「10年ぐらい前に『ディズニー・オン・アイス』の存在を知って、『歌舞伎・オン・アイス』もあるんじゃないかなと思いまして。ただ、スケートを滑れる歌舞伎役者はそうそういないんです。今募集中なんですけど…」と話して、会場の笑いを誘った。

 荒川は「この機会にフィギュアスケートと歌舞伎の双方のファンが興味を持って、今後も双方が広がりを見せていけるように、フィギュアスケートも日本のエンターテインメントの一つとして根付けるように、全力を尽くしたいと思います」と意気込みを語った。

 高橋は「僕たちは普段はストーリーというのをそこまで考えないんですけど、今回はストーリーを考えながら役者になる部分も必要になってくると思うので、勉強しながらやっていきたいです」と語った。

 スケートはほぼ初心者という染五郎だが、公演内ではスケートに挑戦するという。「どのぐらい滑れそう?」と聞かれると、「5回転ぐらいいけるんじゃないかな」と答えて、場を沸かせた。

 公演は2017年5月20日~22日、都内、国立代々木競技場 第一体育館で開催。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます