座頭市を演じる市川海老蔵

 「六本木歌舞伎 第二弾」の制作発表会が28日、東京都内で行われ、出演者の市川海老蔵、寺島しのぶ、演出の三池崇史監督が出席した。

 本作は、盲目の侠客が驚異的な抜刀術で悪人を成敗する時代劇「座頭市」を、リリー・フランキーが新解釈で脚色し、三池監督が色づけした新作歌舞伎。海老蔵が眼力を封印し、寺島と22年ぶりにタッグを組む。

 海老蔵は、中村勘三郎が勝新太郎やビートたけしと飲んだ時に、勝が主演した『座頭市』シリーズについて、たけしが「俺が『2』をやってやるよ」と言い、勘三郎が「じゃあ俺が『3』をするよ」と言ったという話を聞き、「いいなと思った」という。

 たけしは2003年の映画化で約束を果たしており、勘三郎亡き後、海老蔵は自分がその言葉を受け継ぎ、実現させることに「うれしいですよ」と感無量の面持ちを見せた。

 盲目の役については「目をつぶって芝居をしたことがないので、目を封印した時に何が出てくるかは僕にとって発見だし、周りが何かを言ってくれるはずなので、それを自分のステップアップにつなげたい。目に見えない世界だからこそ、見える世界、静けさを表現したい」とアピールした。

 囲み取材で、ブログを見た記者から「(妻の)麻央さんと洋服を買いに行きましたね?」と質問された海老蔵は「買いに行きましたけど、結局買わずに娘と三人で散歩して帰りました」と回答。今後の治療について妻と話し合ったことも報告した。

 「僕は知らなかったんですが、娘が麻央の耳元で『パパには何も言わないで。パパはママのこと愛しているから(病気や治療について)何も余計なことを言わないのよ』と言ったと聞きました」と打ち明け、「(5歳ながら)なかなか大人。僕より年上の感じ」と娘の言動に感心していた。

 舞台は2017年2月4日~20日まで、都内、EXシアター六本木で上演。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます