カラーバリエーションが4色に増えた「α6000」(ホワイトはレンズキットのみ)

ソニーは、2014年3月に発売した小型・軽量のミラーレス一眼カメラ「α6000」のボディに新色「グラファイトグレー(ILCE-6000 H)」を追加し、12月2日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

「α6000」は、重さ約285gの小型・軽量ボディに、有効約2430万画素のAPS-Cイメージセンサ、画像処理エンジン「BIONZ X」などを搭載し、0.06秒の高速オートフォーカスと高画質を両立した。高解像度・高コントラストの有機ELファインダー、チルト可動式液晶モニタを備え、モードダイヤルと、設定値をダイレクトに変更できるコントロールダイヤルで直感的に操作できる。スマートフォンなどと連携できるWi-Fi機能も搭載する。

ソニーによると、購入者は、カメラ愛好家から初心者まで幅広く、新色のグラファイトグレーは、光沢を抑えた深みのあるカラーリングに加え、凹凸のある塗装によって、ユーザーの所有感を満たす高品位な質感に仕上げた。

当初のカラーはブラック、シルバーの2色で、2014年11月にホワイトのレンズキットを追加した。ボディと交換レンズをセットにしたパワーズームレンズキット/ダブルズームレンズキットのカラーバリエーションは従来と変更なく、ブラック、シルバー、ホワイトの3色。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます