第2弾にも意欲を見せた松本人志

 Amazonオリジナル「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」の完成披露イベントが30日、東京都内で行われ、出演者の松本人志、宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、ジミー大西、くっきー(野性爆弾)ほかが登壇した。

 このシリーズは、個性豊かな10人の芸人たちが、自ら参加費と芸人のプライドを賭け、賞金1000万円を競う“密室笑わせ合いサバイバル”。

 『ドキュメンタル』とは、松本によりドキュメンタリーとメンタルを合わせて創られた新語。参加者10人、参加費1人100万円、制限時間6時間、同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のがこのゲームの基本ルールで、笑ってしまい、レッドカードが出たら即退場となる。最後まで残った1人が賞金1000万円を手に入れる。

 この日、映像の一部を報道陣と共に鑑賞した松本は「客観的に見て、あらためて面白いと思った」と満足げで、視聴者に「最後まで期待を裏切らないのでぜひ見てほしい」とアピール。「大喜利、漫才、コント、1人しゃべりだったり、世の中にはいろいろなお笑いの決め方があるけど、そのどれとも被っていないのがこの“密室芸”。“密室の中で誰が一番面白いか”というのは、そういえばなかったと思う。これが初めて。密室芸のある種、M-1ですよね」と自信をのぞかせた。

 藤本も、今回の企画を「自分の笑いの武器を駆使して、ひとりひとりを消していくというのはまさしく“お笑い界のバトル・ロワイヤル”」と絶賛。宮川も「僕、ゲラ(笑い上戸)ですし、(他に)誰が来るか知らんかったし」と、当初は参加するかどうかを悩んでいたそうだが「終わってから参加してよかったなと思った。また面白い世界に連れて行ってもらった。緊張感はバリバリやったけど」と充実の表情を浮かべた。

 一方のジミーは「100万を賭けて挑戦したので、なんとか笑わんようにしようと我慢したんですが」「損はしましたけど…」などと、放送前に自身の“敗退”を匂わせ、周囲から「そこまで言ったら分かるやん!」「ホンマにあほなのか?」などと怒られていた。

 また、今回はモニター室で10人の様子を見守る“チェアマン”的な立ち位置だった松本だが、楽しそうな現場を見て「ちょっと(自分も)参加したいなという気持ちが強まりました」と本音も。「ただ僕もびっくりするぐらいゲラなので、秒殺で終わるかもしれません」と自信はなさそうだった。

 なお、会場では関係者が「既にシーズン2を予定している。実現するかどうかは松本さん次第」と発表。松本は、「やって良いんですか? 僕は第2弾やりますよ!」とさっそく息巻いた。

 11月30日からAmazonプライム・ビデオにて独占配信。全4話。毎週水曜日に1話更新。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます