「芸能部門」で受賞した松下奈緒

 一般社団法人日本メンズファッション協会主催の「第45回ベストドレッサー賞発表・授賞式」が30日、東京都内で行われ、女優の松下奈緒、俳優の菅田将暉、別所哲也、小池百合子東京都知事、女子レスリングの伊調馨選手、漫画家の荒木飛呂彦氏ほかが出席した。

 この日、松下はスカート部分にシースルーの入った黒のシンプルドレスで登場。普段はデニムのコレクションも楽しみ、女優のみならずピアニスト&歌手としても活躍する“才色兼備”のベストドレッサーと評価され、トロフィーを手に「ありがとうございます」と柔らかな笑顔を見せた。

 2006年にアーティストデビューを果たした松下は、この10年を「本当にあっという間」と振り返り「デビューした時はまだ音大生で、その時にアルバムデビューしたのですが、それからいろいろ学んだし、自分でも成長できたかなと思います」としみじみ。

 活動のジャンルも多岐にわたるが、「人の4倍ぐらい働いているのでは?」と指摘されると、「たくさんのことをやらせていただいているので、確かに大変な時もありますが、その分楽しさも倍、倍、倍になるというのを実感しています」と謙虚に語り、「10周年というのは人生で一度きり。これから20年、30年とやっていけるように。音楽もそうですが、女優としても、いろんなことが表現できる女性でありたいなと思います」と今後の抱負も語った。

 また授賞式後の囲み取材で、“勝負服”について聞かれた松下は、「靴ですかね。普段はフラットシューズが多いのですが、ここぞという時は、ヒールをはいてみたり、足首が見えるものなど女性らしいものを選んでいます」とこだわりを告白。

 「女性として最近、勝負した時はあった?」と恋愛事情を探られると「来る時に(備えて)心づもりはしているのですが…。いつ来るかな?」と苦笑いで、クリスマスの予定についても「仕事だと思いますね」とコメント。「その後にディナーは?」と突っ込まれるも、「(大勢で)忘年会ですかね」と笑っていた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます