授賞式に出席した鈴木誠也選手

 年末恒例の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」発表・授賞式が1日、東京都内で行われ、年間大賞は「神ってる」に決定した。

 25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島東洋カープの緒方孝市監督が2試合連続でサヨナラ本塁打を放った鈴木誠也外野手を表したもの。この日、授賞式に出席した鈴木選手は「信じられないの一言です」と驚きの表情。

 打席に立った時と心境と比べると「こちらのほうが緊張します」とはにかみつつ、あの時に調子が出た秘訣(ひけつ)については「正直分からない。試合に出たいという一心で一生懸命にやった結果がああなった。それで、こういう言葉をもらって、数多くのファンの方に(自分の)名前を覚えてもらったことは、本当にうれしく思います」と感謝を述べた。

 また、今季引退した広島カープの黒田博樹投手について聞かれた鈴木選手は、「今年で引退するとは薄々と自分も感じていたので、なんとか優勝して黒田さんをいい状態で迎えたいと思っていた」と振り返り「日本一は逃しましたけど、25年ぶりの優勝が出来て良かったです」としみじみ。黒田投手から学んだことは「練習姿勢。男気ですかね」と語った。

 緒方監督からこの言葉を言われた時の心境については、「今まで褒められたことがなかった。その時に初めて“褒め言葉だ”と思ったのでうれしかったです」と述懐。「この言葉で僕のことを知ってくれた人は沢山いるので監督には本当に感謝です」と話しつつも、「シーズン中は結果を出すたびに『神ってる』と言われるのは僕の中でも悔しいものがあった」と吐露し「来シーズンは『神ってる』と言われないように、自分の実力でしっかり結果でついていきたいと思います」と意欲を語った。

 来年の目標については、「今年実現できなかった“日本一”を取れるように今から頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

 その他、トップ10には「ゲス不倫」「聖地巡礼」「トランプ現象」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」「(僕の)アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「盛り土」が選出された。また「選考委員特別賞」には「復興城主」が選ばれた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます