20センチカットした新しい髪形を披露した蛯原友里

 東急プラザ銀座と小学館のコラボレーション企画「今日からはじまる 明日が変わる ギンザで磨く 働く女性応援プロジェクト」の第3弾企画「Domani創刊20周年×東急プラザ銀座 大人のHoly Night」が1日、東京都内で行われ、蛯原友里ほかが出席した。

 イベント前の報道陣の囲み取材で蛯原は「20周年を迎えられてうれしいし、私もカバーガールを務めさせてもらってうれしいです」と働く大人の女性を応援するファッション誌「Domani」(小学館)の創刊20周年を喜び、その一人として「私自身も気持ちを引き締めないと。母になって、働く女性として、またいろいろなことに挑戦していきたい」と意欲を語った。

 偶然にも創刊20周年に合わせたかのように20センチほどばっさり切ったという新しい髪形を「結構切りました。以前から短くしたいと思っていたのでとてもいい機会でした」とお披露目し、愛息子からの反応は「それが、そんなになかったんですよ。そっちにびっくりしました」と苦笑した。

 ここまで切ったのは実に7年ぶりで、そのときも胸元まで長さがあったことから「肩の上まで切るのはかなり久々」と新鮮さを語り、「高校生のころにショートカットで全然似合わなかったので短くしたくなかったのですが、年齢も重ねたし新たな髪形に挑戦したいなと思いました」と心境の変化を明かした。

 今年一年を振り返って「すごくメリハリのある一年だったと思います。母となって過程を大切にできる時間もあって、その分お仕事にも責任を持ってトライできた」と充実していたといい、近づくクリスマスも「今年は家族でおうちで過ごしていますかね。息子のサンタクロースのコスチュームを買ったので、みんなで記念撮影ができたら」と思いをはせた。

 また、この日発表された「2016年ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞「神ってる」について「ピコ太郎じゃないんですか?」とその結果に驚きつつ、報道陣に提案される形で「私、髪切ってる!」と宣言して笑わせた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます