EX-FR110H

カシオ計算機は、「エクシリム Outdoor Recorder」の新製品として、高感度裏面照射型CMOSセンサを搭載し、暗所での撮影機能を強化した「Outdoor Recorder EX-FR110H」を12月9日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は5万5000円前後の見込み。

本体をカメラ部とコントローラー部に分離でき、状況や用途に応じて「ウェアラブルスタイル」「リモートスタイル」「セルフィースタイル」「カメラスタイル」の4つのスタイルで自由に撮影できるアウトドア向けのアクションカメラ。

最大ISO51200の高感度裏面照射型CMOSセンサを備えるとともに、有効画素数を190万画素に抑えることで、1画素あたりの面積を大きくして高感度を実現し、暗がりでも明るい写真の撮影を可能にした。画像処理エンジンには、ノイズ抑制性能を高めるとともに、高速撮影技術と高速画像処理技術を融合した「EXILIM エンジン HS ver.3」を採用する。

人物や風景をバランスよく撮れる、35mmフィルム換算で20mm相当の広角レンズと、高精細で見やすいタッチパネル対応3.0インチ液晶モニタを搭載。また、強度に優れた素材、構造を採用し、カメラ部、コントローラー部ともに1.7m(合体時は1.3m)からの落下に耐える耐衝撃性能、-5度の耐低温性能、IPX8/IPX6相当の防水性能、IP6X相当の防じん性能を備える。

撮影機能として、ハンズフリーで撮影できる、一定間隔で静止画や動画を自動撮影するインターバル機能や、動きながらの撮影でもブレの少ない動画が撮れる動画手ブレ補正機能などを搭載。撮った後の楽しみを広げるスマートフォン向けアプリ「EXILIM ALBUM」、Bluetooth low energyを利用してスマートフォンとの連携を実現する専用アプリ「EXILIM Connect」にも対応する。対応メディアはmicroSDXC/microSDHC/microSDカード。本体には約49.9MBの内蔵メモリも備える。

カメラ部は、サイズが直径60.9×奥行き33.3mmで、重さが約76g。コントローラー部は、サイズが幅59.2×高さ86.7×奥行き19.4mmで、重さが約103g。合体時は、サイズが幅60.9×高さ154.8×奥行き38.7mmで、重さは約214g。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます