KDDI、スターバックスに「au Wi-Fi SPOT」を設置、まずは都内約200店舗から

2012.6.19 13:15配信
「au Wi-Fi SPOT」のロゴ

KDDIは、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の設置を拡大する。7月2日からコーヒーショップ「スターバックス」への設置を進めるほか、すでに提供しているコンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」への設置を、今秋をめどに全店舗に広げる。

「au Wi-Fi SPOT」は、パケット通信料定額サービス「ISフラット」または「プランF(IS)シンプル/プランF(IS)」契約者が、auスマートフォンなどで無料で利用できる公衆無線LANサービス。現在、空港、鉄道、バスなどの公共機関や、コンビニ、スーパー、量販店、飲食店、レジャー施設、オフィスビル、大学などで利用できる。今年3月29日には、10万スポットを達成した。

7月2日からは、スターバックスへの設置を進める。東京都内の約200店舗から提供し、年内をめどに全国約850店舗に拡大する。

また、今年3月に開始したサークルKとサンクスへの設置を、今秋をめどに全店舗に拡大。さらに、auスマートフォン以外のユーザーにも公衆無線LANサービスを提供するために、ワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LANサービス「Wi2 300」を提供する。サークルKとサンクスに設置された「Wi2 300」のWi-Fiスポットでは、未契約のユーザーでも10分間無料でお試しサービスを利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング