TMPGEnc Authoring Works 6

ペガシスは、DVD/Blu-ray/AVCHDオーサリングソフト「TMPGEnc Authoring Works 6」のダウンロード版を12月15日に発売する。税別価格は9333円。

T

映像劣化を防ぐスマートレンダリングエンジンと、高画質を実現するエンコードエンジンを組み合わせたオーサリングエンジンを備え、高速・高画質なメニュー付きDVD/Blu-ray/AVCHDを作成できる。

前バージョンから約5年ぶりのメジャーアップデートとなり、入力、編集、出力すべての内部エンジンを刷新。64ビットアーキテクチャにネイティブ対応することで、利用可能なメモリ量を増やし、4K/8K映像編集やフィルターなど、さまざまな編集操作をより軽快に行えるようになった。

このほか、H.265/HEVCフォーマットへの対応、MXFコンテナファイルの読み込みなど、対応入力ファイルを大幅に拡大。ユーザーからのフィードバックに基づくカット、字幕、トラック、メニューなどの編集機能の刷新・強化も行い、編集に掛かるストレスを軽減した。対応OSは、Windows 10/8.1 Update/7(SP1)で、64ビットOS専用。

パッケージ版は2017年3月に発売予定。発売に先立ち、12月6日から初回起動時から30日間無料で試せる体験版を公開している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます