u1211-i

ラブラブではある。

交際期間もそれなりにあって、お互いの友達にも紹介しあってる。

でも、そこから発展しない。

そんなモヤモヤを抱えている女性も多いのではないでしょうか?

もしかしたら、あなたは彼にとって“結婚したいオンナ”ではないのかもしれません。

今回はそんなモヤモヤ中の女性に、男性が求める本当の“本命彼女の条件”と、本命彼女になるためのある条件の磨き方をご紹介します。

こんなにも違う!? 結婚したい女性(本命彼女)と付き合いたい女性の違い

本来は“付き合いたい人=結婚したい人”であるはずですが、東京・表参道や横浜みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルがおこなった調査で、面白い結果が出ています。

まず、全国の23歳~39歳の未婚女性300名を対象に「結婚したい人と付き合いたい人の条件についてのアンケート」を実施したところ、順位の違いこそあれ「価値観が合う」、「性格が優しい、穏やか」、「性格が誠実・まじめ」がTOP3にランクイン。

つまり、女性は結婚したいかどうかなど関係なく、常に同じ条件で男性を選んでいるのです。

ですが、未婚男性300名に同じ質問をおこなったところ、結婚したい女性の1位は「価値観が合う」、2位が「性格が優しい、穏やか」、3位が「金銭感覚が合う」という結果に。

一方、付き合いたい女性では、1位に「美人・かわいい」、2位が結婚したい女性と同様に「性格が優しい、穏やか」、3位に「価値観が合う」がつづきました。

この結果を分析すると、付き合うだけなのであれば外見の良さと、多少なり自分のワガママ(例えば浮気など)を許してくれるような女性がいいと考えている男性が多いのではないでしょうか?

もし、現在の彼が自分の都合ばかりを押しつけてくることが多かったり、服装やスタイルなども含めて外見ばかりを褒めてきたりする場合は、セカンド女子の可能性があるとも解釈できます。

まずはどの部分で彼に選ばれたか、冷静に分析するようにしてください。

そうすれば、彼にとって将来までしっかりと考えてもらえている彼女であるかどうかを、判断できるはずです。

結婚したい女性(本命彼女)になるために磨けること2つ

ここまでを受けて「私って、本命彼女ではないかもしれない……」と感じた、そこのあなた。

大丈夫です、まだ間に合います。

今から、男性が結婚したい条件として挙げていた中でも変えやすい「金銭感覚が合う」と「性格が優しい、穏やか」を、磨くことに意識していってください。

1)金銭感覚は、バランスを意識する

入ってきた額以上の支出をしないこと。

これが金銭感覚の基本です。

これを常に意識していれば、貯金ができなかったり、衝動買いをしてしまったりということもおこらないもの。

まずは日々の支出と収入を把握し、このバランス感覚を養うことから始めましょう。

そうすると、だんだん“庶民感覚”も磨かれていきます。

例えば「レタス398円は高いな」とか、「トレンドに左右されやすい服はプチプラブランド、靴や小物は長く愛用するからハイブランドにしよう」とか、「肌に合うものでいいから、化粧品はドラッグストアのでいいや」とか。

財布の紐を緩めるところと締めるところが、だんだんと分かってくるんです。

そうすると、いかにデート代を毎回出してくれている男性側が頑張ってくれているかを実感できますから、デートでの言動も自然と変わってくるはず。

まずは、バランス感覚を養うところから始めてみてくださいね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます