MUCC

MUCCMUCC

この2日間を締めくくる大トリはもちろんMUCCだ。

『大嫌い』のイントロが響き渡り、「MUCCが始まるよ! 暴れられんのかよ!」という逹瑯の声にフロアは臨戦態勢といった様相。「キライキライ」をひたすら連呼するサビが始まると、待ってましたと言わんばかりにダイヴが発生。続いての『絶望』でボルテージが上がっていき、『KILLEЯ』ではサークルモッシュも発生。

「激しいよ今日は! 全部置いていってちょうだい、COMMUNE!」と逹瑯が煽ると盛り上がりは加速していく。『スイミン』につづいては『イタイ手紙』『暗闇に咲く花』と仄暗く陰鬱な世界を展開していく。

「このイベント、楽しくないか?」という逹瑯の問いかけに「楽しい!」とこたえる観客。逹瑯の質問は続き、「今日MUCCを初めて見る人……、少なっ! 本当?」と目当てのバンドを確認していく。

「メトロノーム出てたでしょう? すげえかっけえなと思って。メトロノーム初めて見た人? こんなに初めて見た人がいるとは思えないくらい盛り上がってたでしょ!」と、MUCCが東京へ出てきた頃によく対バンしてたと語り、「あの頃かっこいいなと思っていた感覚が今でも間違ってなかったというのがすごく嬉しかったです。ウチらが戦い合っていたバンドって今見てもかっこいいんだということが再確認できて、今日出た後輩のバンド何年か経って『やっぱりかっけえな』って思えるような仲間を一人でも作りたいと思います」と述べると、大きな拍手に包まれた。

「またこういうイベントを、ウチのリーダー(ミヤ)が味をしめてやると思うので」と次回開催を匂わせる発言も飛び出し、「その時はまたlynch.呼ぼう」と口にすると、大きな歓声があがった。

そして『娼婦』、『蘭鋳』、最後の『TONIGHT』まで駆け抜けた。

アンコールにはMUCC全員とPlastic Treeの有村、ナカヤマも登場し、「一曲だけやるから」と、ナカヤマもギタリストして参加し、lynch.の『MIRRORS』を披露。

〈君を連れて〉と言う歌詞を〈てめえらを連れて!〉と変えて歌い上げる逹瑯。彼がフロアにマイクを向けるとシンガロングでこたえる観客。

「COMMUNE Vol.2ありがとう!」という逹瑯の言葉と大きな拍手で熱狂の2日間は幕を閉じたのであった。

【セットリスト】

01. 大嫌い
02. 絶望
03. KILLEЯ
04. スイミン
05. イタイ手紙
06. 暗闇に咲く花
07. 娼婦
08. 蘭鋳
09. TONIGHT
ENCORE 01. MIRRORS [with 有村竜太朗、ナカヤマアキラ(Plastic Tree)]

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます