オムロン、PCやAndroidスマートフォンでデータ管理ができる体重体組成計「HBF-215F」

2012.6.20 16:49配信
HBF-215F カラダスキャン

オムロン へルスケアは、PCやAndroidスマートフォンでのデータ管理に対応する体重体組成計「オムロン 体重体組成計 HBF-215F カラダスキャン」を発売した。価格はオープンで、実勢価格は5980円前後。

従来機「HBF-214」に、新たに通信機能を搭載。「おサイフケータイ」機能に対応したAndroid搭載スマートフォンや携帯電話を別売のUSB通信トレイ「HHX-IT3」にかざすことで、健康管理サービス「ウェルネスリンク」にデータが転送できる。毎日の測定結果をPCで管理したり、スマートフォンアプリ「朝晩ダイエット」や「ゆるぴかダイエット」でダイエットの成果を簡単に確認したりできる。

対応機種は、Android 2.3搭載のスマートフォンでおサイフケータイまたはNFC(近距離無線通信)に対応する機種。携帯電話は、NTTドコモ903i/703iシリーズ以降のおサイフケータイ(iモードFeliCa対応)対応機種。

サイズは、幅約285×高さ約28×奥行き約280mmの薄型で、重さは約1.7kg。四つ角には滑り止めのストッパーラバーがついているので、狭いすき間にも安全に収納できる。カラーは、ホワイト、ブラック、ピンク。

文字高30mmと文字が大きく、立ったままでも測定結果を確認することができる。基本測定機能として「体重」「体脂肪率」「骨格筋率」「内臓脂肪レベル」「基礎代謝」「BMI(Body Mass Index=体格指数)」「体年齢」を備える。測定に必要な「年齢・性別・身長」の個人データは、4人分登録できる。9歳以下と81歳以上は体重だけを表示。17歳以下と81歳以上は「内臓脂肪レベル」「体年齢」の測定はできない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング