『トワイライト』終章、前編の公開を待たずに後編の公開日が発表

2011.11.7 18:26配信
『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン part1』

全世界売上1億部を突破した人気小説を映画化した“トワイライト・サーガ”の最終章にあたる『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』が来年2月に公開になる前に、早くも最終作『…ブレイキング・ドーン Part 2』が2012年12月に公開されることが発表された。

その他の写真

“トワイライト・サーガ”は、ヴァンパイアの青年エドワード(ロバート・パティンソン)と人間の女性ベラ(クリステン・スチュワート)の許されぬ恋を描いたラブ・ストーリー。最終作はステファニー・メイヤーの原作のエピソード、テイストをより忠実に映画化するべくシリーズ初の2部作で製作する。

全世界に熱狂的なファン“トワイライター”が多く存在する本シリーズ。前作『エクリプス/トワイライト・サーガ』ではファンからの要望で日本公開日が繰り上げになった。さらに最終章となる本作では「全米と時期を同じくして日本公開をしてほしい」などの声が寄せられていたことから配給元の角川映画は、最終作の全米公開翌月の2012年12月に『…Part2』を日本公開することを決定。1年で二部作を観賞できることになった。

また今月12日(土)からは『…Part1』の前売り券の発売も決定。特典としてこれまでのシリーズ各作品1シーンずつのポストカードがついてくる。また第2弾前売り券特典は“フィルムセット”であることもあわせて発表され、多くのファンが来年の公開にそなえて購入することが予想される。

『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』

『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』
2012年12月 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング