ナカバヤシ、AR技術を活用したスマートフォン連動型アルバム「ビューバム」

2012.6.21 16:44配信
VIEWBUM

ナカバヤシは、AR(拡張現実)技術を活用し、スマートフォンと連動して動画や複数の画像を一緒に保管できるスマートフォン連動型アルバム「VIEWBUM(ビューバム)」を、10月初旬に発売する。

写真を貼る台紙の各ページに、アプリ読み取り用の専用コード(QRコード)をつけたアルバム。従来の紙のフォトアルバムでは納まりきらない複数の写真や動画を、専用アプリ「VIEWBUM App」をインストールした手持ちのスマートフォンで見ることができる。

使い方は、アプリを起動し、専用コードを認識させ、動画や画像を登録。アプリ上で専用コードと動画や画像をリンクさせれば、台紙にスマートフォンをかざすだけで動画や画像を再生する。また、付属の識別コードシールをアルバム本体に貼ってスマートフォンをかざすと、表紙を開かなくても整理した写真の情報がわかる。

アルバムのサイズは、「A4」「スクエア」「ミニ」の3種類。専用アプリでは、A4サイズのアルバム1冊で、メモリ1GBの場合、画像のみで約340枚、動画のみで合計約5分の保存ができる。台紙は、長期保存で耐久性の高いプラコート台紙を採用した。価格は、アルバム台紙8枚、本体用の専用識別コードシール20枚付きで1470円~2100円。

対応機種は、アップルのiPhone 4S/4とAndroid搭載スマートフォン。専用アプリ「VIEWBUM App」のiPhone版を10月初旬から、Android版を11月(予定)から、それぞれ無料配信する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング