1212-1001

好きな人に自分をどうアピールするかで、恋のゆくえは決まります。

年齢が若いほど見た目で勝負しがちになりますが、アラサーを迎えれば中身をアピー ルすることで、男性の気を惹くことが多くなるでしょう。

また、男性も年齢を重ねるほど、外見だけで女性を判断しなくなるはずです。

けれど、内面の良さを知ってもらおうとして言ったことが、逆に男性を不快にさせているケースがあります。

良かれと思っても、好かれるどころか嫌われてしまうかもしれないのです。

一方的なダメ出し

相手の男性が自分より年下だったり、職位が下だったりしても、一方的にダメ出しをされれば気持ちが萎えます。

どんなに正論を言われようが、男性は面白くないと感じるでしょう。

特に、仕事などでミスをして男性本人も「やっちまった……」と落ち込んでいる時に、傷に塩を塗るようなキツイ言葉を投げかけるのは、キケン!

きちんとした部分をアピールしたい、凛々しい女性であることを知ってもらいたいとあえてダメ出しをしたのに、「厳しい人」として敬遠されてしまうのです。

男性は、女性からはつねに褒められたい生き物です。

ミスをしたなら慰めてほしいし、甘すぎる言葉で元気づけてほしいと思うでしょう。

独りよがりな自慢

好きなことや得意なことを話して、好きな人に自分をもっと知ってもらおうとするとき、「自分の良いところ」ばかりアピールするのは、男性をイラつかせる要因です。

女性から見ても、武勇伝を長々と語る男性はウザいもの。

それと同じ感覚を、相手に与えてしまう可能性があります。

何の脈絡もなく自分語りを始めるとか、聞かれてもいないのに自分のことを説明し出すなど、アピール自体が不自然で受け入れがたいといえます。

好きな人との会話の中で、自然に得意分野を教えるのなら好印象を与えますが、男性が聞いてもいないのに一方的な主張をするのはかえって逆効果。

「だ から……何?」と、不可解な印象を与えることになるのです。

口では、「へえ、すごいね」なんて言っても、男性の心は冷めているに違いありません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます