2000年代のライダーシリーズにおいて、特に高い人気を誇った『仮面ライダー電王』がテレビシリーズの放映開始から、まもなく10周年を迎えます。

平成ライダーシリーズ第8作目として放送をスタートした『電王』は、未来からやってきた謎の怪物「イマジン」と、「仮面ライダー電王」へと変身する能力を得た主人公・野上良太郎との間で巻き起こる戦いを描いた作品です。

劇中には、良太郎に味方をする「モモタロス」や「ウラタロス」「キンタロス」など個性豊かなキャラクター性を持つイマジンたちも登場。彼らの声を、関俊彦さんや遊佐浩二さんといった人気男性声優が担当したことも相まって、歴代シリーズの中でも特に女性からの人気が高い作品としても知られています。

また、お伽噺をモチーフにした斬新なキャラクターデザインや、過去と現在、そして未来が交錯するスケールの大きなシナリオもファンから高い評価を受け、本編の放送終了後も劇場作品が何本も制作されるなど、長いスパンでシリーズが継続された、まさに「名作」と呼ぶに相応しい作品です。

そんな『電王』から10年。当時、番組に参加していたキャストやスタッフの皆さんも、活動の場を広げられ、現在では様々な分野で大活躍をされています。

史上最弱のライダーから明治最強の流浪人へ! 野上良太郎役の佐藤健さん

主人公・野上良太郎を演じた佐藤健さん。佐藤さんは、この『電王』が初の連続ドラマ主演作であり、当時17歳という若さで「仮面ライダー」としてのデビューを果たしました。

番組スタート直後の良太郎は、モモタロスやウラタロスといった味方のイマジンを身体に憑依させ、彼らに肉体を貸すことで代わりに戦ってもらう……いわばイマジンの「憑り代(よりしろ)」のような存在として描かれており、そのユニークな設定も本作がライダーファンから注目を集める要因の一つとなっていました。

イマジンがいない状態では、極々普通の人間なので、戦闘力は皆無。更に、ありとあらゆるシチュエーションで災難に巻き込まれてしまう不幸体質の持ち主でもあり、誰が呼んだか、そんな良太郎に付けられたあだ名は「史上最弱のライダー」。

とはいえ彼も仮面ライダーとなった選ばれし人。強くなる為、そして、敵のイマジンに狙われた人々を救う為ならば、日々の努力を惜しまず、危険な戦いにも身を投じる勇気と覚悟を持った「正義のヒーロー」としての資質を持った人間。

そんな良太郎を見事に演じきった佐藤健さんは、現在は、数多くの映画作品に出演する売れっ子俳優に。特に、映画『るろうに剣心』での緋村剣心役は代表作として知られています。

『週刊少年ジャンプ』誌上で連載されていた同名の漫画を映画化した本作は、これまでに全3作が公開(3作目は前後編による分割上映)されています。

その劇中で、肉弾派の剣劇アクションを披露し、不殺の流浪人を演じている佐藤さん。『仮面ライダー電王』では、最弱と呼ばれる主人公を演じていた役者さんが、時を経て、明治最強の剣士を演じることになるわけですから、役者という仕事は本当におもしろいものです。

まだまだあどけない雰囲気を残していた『電王』から10年。今では、精悍な顔立ちで、ハードなアクションシーンもこなせる俳優として大人気の佐藤健さんの活躍を目にする度に、『電王』ファンとしては、感慨深い思いを抱いてしまいます。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます