%e3%80%8e%e9%8b%bc%e3%81%ae%e9%8c%ac%e9%87%91%e8%a1%93%e5%b8%ab%e3%80%8f%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88 イメージビジュアル ©2017 荒川弘/SQUARE ENIX ©2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

2017年12月に劇場公開が決定した実写映画『鋼の錬金術師』の公式サイトが更新され、ティザービジュアルが解禁となりました。

ビジュアルは蒸気に包まれた駅構内で「冒険の始まり」を暗示する姿を描いたもので、どのような作品に仕上がっているのか期待が高まりますね。

ティザービジュアルの解禁にあわせて、原作者・荒川弘、監督・曽利文彦よりコメントが到着。さらに2017年秋に“ハガレン”史上初の大規模原画展「鋼の錬金術師展」の開催決定も発表されています。

『鋼の錬金術師』原作者・荒川弘、監督・曽利文彦よりコメント到着!

【原作】荒川弘
『作品は自分の子供』とよく言われますが、原作が子供ならそこから派生した作品は可愛い孫のようなものです。この度ドラマCDやアニメやゲーム等に加えて実写映画という孫が増えました。完成までまだしばらくありますが、今度の孫はどんなやんちゃを見せてくれるのかな~と楽しみにしています!

【監督】曽利文彦
映画監督として、日本が世界に誇る名作「鋼の錬金術師」を実写映画化できるなんて本当に幸せです。10年もの長い期間、この映画のために開発を続けた映像技術を全編に駆使して、邦画の新しい可能性に挑戦したいと思います。

イタリアに行きたかった一番大きな理由が機関車です。原作を読んでいて、“機関車”がモチーフとして一番重要だと考えました。兄弟が旅をする話なので移動は 全部機関車で移動していて、機関車が日本の機関車だとしっくりこないので西洋の機関車を求めて街を探しました。

石畳の風景が欲しかった。日本に現代の石畳はあるが、年季が入った石畳を探すと西洋風の石畳はなく、最近のものだったりする。ある程度年季の入った石畳を探すと、ある面積を必要とするので機関車と石畳を探しました。

フィギュアとアニメが大好きなオタク系ライター。「ねとらぼ」や「INSIDE」など、ウェブメディアを中心に活動中。好きなキャラは「初音ミク」。夢はコミケにサークル参加すること。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます