GZ-RX670

JVCケンウッドは、「JVC」ブランドから、ハイビジョン対応デジタルビデオカメラの新製品として、アウトドアシーンでの撮影に適した「Everio Rシリーズ」の「GZ-RX670」と「GZ-R470」、コンパクトモデル「Everioシリーズ」の「GZ-F270」を2017年1月下旬に発売する。価格はいずれもオープン。

「GZ-RX670/GZ-R470」は、IPX8/IPX6相当の防水、IP5X相当の防じん、1.5mの耐衝撃、-10°Cの耐低温の4つの保護性能「QUAD PROOF」を備え、ホールド感と安定感に優れた新開発のY字グリップベルトを採用したアウトドア向けモデル。持ち歩く際に、カラビナやショルダーストラップに吊るせるフィンガーストラップも付属する。

また、約4.5時間の連続撮影を可能にする大容量バッテリを内蔵し、市販のモバイルバッテリによる充電や、本体バッテリからのスマートフォンへの給電に対応する。対応メディアは最大128GBのSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅60.0×高さ59.5×奥行き128.0mm。

上位モデルの「GZ-RX670」は、無線LAN機能を備えており、専用アプリ「Evrio sync. 3」経由でスマートフォンやタブレット端末から、本体の基本操作や無線LAN連動ビデオライトのコントロール、インターネット経由でのモニタリング、撮影した静止画や動画の転送など、さまざまな操作ができる。

タブレット端末専用アプリ「JVC CAM Coach 2」を利用すれば、スポーツ時に便利な正面から撮影した映像の反転再生や、縦撮り映像の再生も可能。撮影機能では、1080/60iのインターレース方式に加えて、1080/60pのプログレッシブ方式での動画記録・再生に対応する。

メモリ容量は64GB、重さは約305g。カラーは、サンライズオレンジ、アクアブルー、サンドベージュ、マットブラックの4色。税別の実勢価格は7万5000円前後の見込み。

「GZ-R470」は無線LAN非対応モデルで、メモリ容量は32GB。重さは約302g。カラーは、マスタードイエロー、カーキ、シャインホワイト、アイスグレーの4色。税別の実勢価格は6万5000円前後の見込み。

小型・軽量のスタンダードモデル「GZ-F270」は、1.5mの耐衝撃、-10°Cの耐低温性能を備え、「GZ-RX670/R470」と同様のY字グリップベルトとフィンガーストラップを採用する。約4.5時間の連続撮影が可能な大容量バッテリ、光学40倍(ダイナミック60倍ズーム)の撮影機能、見やすい「広視野角フラット液晶モニター」なども共通。メモリ容量は32GBで、対応メディアは最大128GBのSDXC/SDHC/SDカード。サイズは幅60.0×高さ59.5×奥行き128.0mmで、重さは約296g。

カラーは、ホワイト、ブラウンの2色。税別の実勢価格は5万5000円前後の見込み。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます