バッハのオルガン作品全228曲を、7年、14回に渡ってオルガン奏者がリレーで紡ぐ

2012.6.22 17:45配信
ゲルハルト・ヴァインベルガー ゲルハルト・ヴァインベルガー

8月3日(金)、大阪・いずみホールで『バッハ・オルガン作品全曲演奏会』がスタートする。バッハが残したオルガン作品全228曲を、7年 (年2回全14回)をかけて演奏する、壮大なシリーズ企画だ。

『バッハ・オルガン作品全曲演奏会』チケット情報

これは今年3月、全10回のシリーズを好評裡に終了した同ホールの『バッハ・オルガン作品連続演奏会』をさらに発展、継承するもので、バッハの研究機関として知られるドイツの「バッハ・アルヒーフ・ライプツィヒ」との共同企画でもある。同ホールの音楽ディレクターである礒山雅と、バッハ・アルヒーフ・ライプツィヒ所長のクリストフ・ヴォルフのふたりがシリーズの音楽監督を務め、毎回ヴォルフが選定する世界的なオルガニストがリレー形式で登場する。

第1回は、研究家、教育者としても多年の実績を持つドイツのオルガン奏者、ゲルハルト・ヴァインベルガーが登場。前シリーズに引き続き、解説は礒山雅が務める。チケットは現在発売中。また第2回は、2013年3月20日(水・祝)の開催で、日本を代表するオルガニスト、小糸恵の登場が予定されている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング